コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若林忠志 ワカバヤシタダシ

3件 の用語解説(若林忠志の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わかばやし‐ただし【若林忠志】

[1908~1965]プロ野球選手・監督。米国ハワイ州の生まれ。日系2世。昭和11年(1936)大阪タイガース阪神の前身)に入団。多彩な変化球を投げ、「七色の魔球」と評された。のち、監督も兼任。同25年に毎日(千葉ロッテの前身)に移籍。45歳まで現役として活躍した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若林忠志 わかばやし-ただし

1908-1965 昭和時代のプロ野球選手,監督。
1908年3月1日生まれ。ハワイ出身の日系2世。昭和11年のプロ野球発足と同時に大阪(阪神)に入団し,「七色の変化球」を駆使して活躍,のち監督兼任。25年毎日に移籍し,2リーグ制初の日本シリーズ開幕戦に先発して勝利投手となる。45歳まで登板。通算240勝141敗。39年野球殿堂入り。昭和40年3月5日死去。57歳。法大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若林忠志
わかばやしただし
(1908―1965)

プロ野球選手(投手:右投右打)、監督。3月1日、アメリカのハワイ州生まれ。マッキンレー高時代からノンプロで投手としてプレーし、1928年(昭和3)には日系人チームの一員として来日した。そのまま半年ほど横浜市の本牧(ほんもく)中に通い、翌1929年に法政大学へ入学して東京六大学野球で活躍、1935年に実業団チーム川崎コロムビアへ入ったものの、同年中に大阪タイガース(現、阪神タイガース)が結成されるとプロ入りを決意して入団した。以上のような経緯から、1年目の1936年ですでに28歳という異色の新人であった。「七色の魔球」とうたわれたように、ナックル・ボールやシンカーなどありとあらゆる球種を駆使する投球で打者を翻弄(ほんろう)し、実働16年で20勝以上を6回記録、最高殊勲選手(現、最優秀選手)にも2回選ばれた。1942年からは監督を兼任。最高殊勲選手に選ばれた1944年と1947年は、いずれも阪神を優勝に導いた。1950年に毎日オリオンズ(現、千葉ロッテマリーンズ)に移籍し、1951年限りで現役を引退。1953年に監督兼任で毎日に復帰したが、その年限りで正式に引退した。[出村義和]
 選手としての実働16年間の通算成績は、登板試合528、投球回3557と3分の1、237勝144敗、防御率1.99、奪三振1000、完投263、完封57。獲得したおもなタイトルは、最多勝利1回、最高勝率2回、最優秀防御率2回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)2回。監督としての通算成績(7年)は、740試合、390勝324敗26分け、勝率5割4分6厘、リーグ優勝2回(1リーグ時代)。1964年(昭和39)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『山本茂著『七色の魔球――回想の若林忠志』(1994・ベースボール・マガジン社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若林忠志の関連キーワード大下弘日本プロ野球選手会池田豊苅田久徳河野安通志坪内道典浜崎真二プロ野球aiプロ野球チップス佐々木信也

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若林忠志の関連情報