コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若柳寿童(初代) わかやぎ じゅどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若柳寿童(初代) わかやぎ-じゅどう

1845-1917 幕末-大正時代の日本舞踊家。
弘化(こうか)2年6月23日生まれ。花柳寿輔の門にまなび,2代芳松の名をゆるされる。劇場の振付師としても活躍したが,明治26年破門となる。翌年若柳吉松を名のり若柳流をたて,花柳界を中心に流派を発展させた。38年寿童と改名。大正6年7月22日死去。73歳。江戸出身。本名は若林勇吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

若柳寿童(初代)

没年:大正6.7.22(1917)
生年:弘化2.6.23(1845.7.27)
日本舞踊若柳流創始者で,柳橋花柳界の大師匠。本名若林勇吉。前名花柳芳松,若柳吉松。還暦に寿童と改名。江戸新吉原の引手茶屋見吉屋の末子。6歳から踊りを習い,のち初代花柳寿輔に入門。まもなく師の幼名を許されて振付助手や柳橋の出稽古を務めたが,父の死を契機に舞踊を止め職を転々とする。30歳のころ舞踊界に戻り,49歳で花柳流を破門され若柳流を樹立した。初代寿輔没後,衰退した花柳流から復帰を望まれたほど優秀な人材。寿童の名跡はかなりの期間をおいて昭和63(1988)年に3代目宗家若柳寿邦が2代目を襲名,翌年に没した。<参考文献>郡司正勝・江口博編『日本舞踊大系/正派若柳流』

(丸茂祐佳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

若柳寿童(初代)の関連キーワード若柳 吉三郎(初代)若柳 吉蔵(初代)若柳吉三郎(初代)若柳吉蔵(初代)若柳吉登代若柳流宗家大正時代郡司正勝幕末

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android