コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若柳流 わかやぎりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若柳流
わかやぎりゅう

日本舞踊の一流派。流祖若柳寿童 (1845~1917) 。寿童は本名を若林勇吉といい,12歳で1世花柳寿輔に入門し,20歳前に師の初名花柳芳松を許され,師とともに各劇場の振付師および柳橋花柳街の師匠となった。 1893年師の勘気に触れて破門され,翌年若柳吉松と改め,若柳流を樹立。以来劇場を離れ,花柳界の師匠として活躍し,手振りの多い派手で華麗な芸風で,流派を伸ばし,61歳で寿童と改名。寿童没後,高弟吉蔵 (1879~1944) が2世家元となり,地方進出にも励み隆盛をもたらした。一方,寿童のもう一人の高弟吉三郎は若柳流舞踊研究会を興して新作に意を注いだ。3世家元は2世の養子吉正蔵 (21~89) が2世吉蔵を襲名して継いだが,第2次世界大戦後家元個人による流派の運営が困難になり,理事制をとって家元とは別に正派若柳流を立てた。しかしのちさらにこれが直派若柳流と2つに分れた。現在このほかに,1世吉蔵の長女吉世が始め,京都,大阪を中心に発展した若柳西家元をはじめ,いくつかの分派がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わかやぎ‐りゅう〔‐リウ〕【若柳流】

日本舞踊の流派の一。明治26年(1893)初世花柳寿輔(はなやぎじゅすけ)門下の芳松が、若柳吉松(のち寿童)を名のって創始。現在は多くの派に分裂している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

若柳流

日本舞踊の流派のひとつ。花柳流の初代花柳寿輔に師事した花柳芳松が、破門されて独立。若柳芳松と改名(後に寿童と再改名)して、1895年に創流。日舞五大流派のひとつとされる。正派、直派、汎栄会など多数の分派がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わかやぎりゅう【若柳流】

日本舞踊の流派の名。流祖は若柳寿童(1845‐1917)。初世花柳寿輔の門弟花柳芳松は1893年破門され,若柳吉松(のち寿童)と改名して若柳流を創立した。東京の花柳界柳橋を中心に流勢を固めたが,寿童の没後,2世家元を門弟の吉蔵が継ぎ,流勢を拡張した。しかし,吉蔵没後は門弟の吉之輔を中心に理事制をひき,正派若柳流を新たに設立した。吉蔵の養子2世吉蔵は関西に移った。その後,正派若柳流も総務(理事長)寿慶が没してから,いくつかの分派ができた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わかやぎりゅう【若柳流】

日本舞踊の一流派。初代花柳寿輔に師事した若柳芳松(のち寿童)が明治中期に創始したもの。現在四派ある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若柳流
わかやぎりゅう

日本舞踊の流派。流祖、若柳寿童(じゅどう)(1845―1917)は初世花柳寿輔(はなやぎじゅすけ)の門弟で花柳芳松(よしまつ)を名のっていたが、ささいなことから破門され、1893年(明治26)に独立。若柳吉松(よしまつ)と改めて95年若柳流を創立。東京・柳橋の花街を中心に活動し、その基盤を固めた。1905年(明治38)若柳寿童と改名。2世家元は寿童の高弟若柳吉蔵(きちぞう)(1879―1944)が17年(大正6)に継承、広く門下を育成して隆盛期を築いた。3世家元は2世の養子で、44年(昭和19)に2世吉蔵を継いだが、のち家元制をやめて理事制をとることとなり、結局彼は京都に移って70年若柳寿邦(じゅほう)と改名。若柳流3世宗家を名のった。88年に2世若柳寿童となり、89年(平成1)没。長男若柳寿延(じゅえん)が4世家元となった。竹内豊子の三男は5世家元若柳吉蔵を名のっている。理事制をとった多くの人々は51年(昭和26)に正(せい)派若柳流を結成した。2代目総務の寿慶(じゅけい)が71年、直派(じきは)若柳会をたてたが、翌年死去するなど混乱し、分裂が続いた。なお2世家元吉蔵没後、その長女吉世(きちせい)は京阪で発展して55年若柳流西家元となり、その没後は長女が継いでいる。現在は正派若柳会(先の正派若柳流が改めた名)、4世、5世それぞれの家元の若柳流、直派若柳流が日本舞踊協会に所属するほか、多くに分かれている。[如月青子]
『邦楽と舞踊社編・刊『日本舞踊大系 正派若柳流』(1966)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の若柳流の言及

【日本舞踊】より

…しかし流派はまた新しい流派や分派を生み,宗家,分家家元などの名称も生じており,現在流派の数は150を超え,今後ますます分派していく傾向にある。 振付師から出た流派では,志賀山万作を流祖とする志賀山流,江戸の振付師藤間勘兵衛から出た藤間流,西川仙蔵を祖とする西川流,幕末期から明治にかけて活躍した初世花柳寿輔が開いた花柳流,若柳吉松の若柳流や,市山七十郎の市山流等がある。また俳優の家から出たものに3世中村歌右衛門を初世とする中村流があり,同じ中村流を名のるものに,初世中村富十郎を祖とするもの,中村弥八(1703‐77)を祖とする虎治派,3世坂東三津五郎より出た坂東流があり,そのほか水木流,岩井流,市川流,尾上流等がある。…

※「若柳流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

若柳流の関連キーワード坂東 三津代(2代目)若柳 寿童(1代目)若柳 吉蔵(1代目)若柳 吉三郎(初代)若柳 寿童(2代目)若柳吉三郎(初代)坂東三津代(2代)若柳 吉蔵(初代)若柳 寿童(初代)若柳吉蔵(初代)若柳寿童(初代)若柳吉蔵(2代)直派分家若柳流坂東 橘之助若柳流西家元若柳 吉登代若柳流汎栄会若柳 佶三郎若柳吉登代亀田真二郎

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android