コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若桜藩 わかさはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若桜藩
わかさはん

江戸時代,因幡国 (鳥取県) 若桜地方を領有した藩。木下重賢2万石が関ヶ原の戦い後に除封され,慶長6 (1601) 年山崎氏3万石で入封。元和3 (17) 年まで在封,天領となり,元禄 13 (1700) 年に池田清定が鳥取藩支封1万 5000石を興し新田藩と称した。明治1 (1868) 年若桜新田藩と改称して廃藩置県にいたった。池田氏は外様,江戸城柳間詰。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若桜藩
わかさはん

因幡(いなば)国八東(はっとう)郡(鳥取県八頭(やず)郡)の小藩。若桜鬼ヶ城(おにがじょう)には古く矢部氏が在城していた。豊臣(とよとみ)秀吉の鳥取城攻めに従った木下重賢(しげかた)が1581年(天正9)この地に封ぜられ、八東・知頭(ちず)2郡2万石を領した。関ヶ原の戦い後は山崎家盛(いえもり)が封ぜられたが、1617年(元和3)、池田光政(みつまさ)の因幡・伯耆(ほうき)両国移封に伴って山崎氏は備中成羽(びっちゅうなりわ)に移り、若桜藩は消滅する。1632年(寛永9)池田光仲(みつなか)が因・伯に入り、1700年(元禄13)、光仲の庶子清定(きよさだ)が新田1万5000石を分知され、分家をたて西館(にしやかた)・鉄砲洲(てっぽうず)家と称した。1868年(明治1)12月、西館を若桜藩と称したが、新政府はこれを公認しなかった。[福井淳人]
『『若桜町誌』(1982・若桜町) ▽『鳥取県史』全18巻(1969~82・鳥取県) ▽徳永職男著『因伯史考』(1975・徳永職男論文集刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若桜藩の関連情報