苦土橄欖石(読み)くどかんらんせき(英語表記)forsterite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苦土橄欖石
くどかんらんせき
forsterite

橄欖石系列のうち,マグネシウムの端成分 Mg2SiO4 ,あるいはそれにきわめて近いものをいう。フォルステライトとも呼ばれ,Fo と略記される。純粋なものは無色透明であるが,わずかに鉄,マンガンが入ると淡黄,淡青色を示す。人工的にこれをつくることも可能であるが,天然のものは石灰岩やドロマイト起源の変成岩に出現することがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

苦土橄欖石
くどかんらんせき
forsterite

橄欖石のうち、マグネシウムに富む鉱物。一般に橄欖石という場合はほとんどが苦土橄欖石をさす。短柱状結晶ないし粒状。劈開(へきかい)はほとんどないが、超塩基性岩中に産するもののなかで発達するものがある。橄欖岩、斑糲(はんれい)岩、玄武岩、アルカリ玄武岩などの造岩鉱物として広く産するほか、接触変成された苦灰岩中に産する。英名はイギリスの鉱物収集家・標本商フォルスターAdolarius Jacob Forster(1739―1806)にちなむ。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android