コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英雄時代 えいゆうじだい

大辞林 第三版の解説

えいゆうじだい【英雄時代】

英雄叙事詩の主人公が活躍したと想定される時代。原始共同体から階級社会・国家形成への過渡的時代とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいゆうじだい【英雄時代 Heroic Age】

一般に,英雄叙事詩もとにして構想され,原始社会から階級社会,国家の形成に移行する過渡期として設定された時代のこと。〈英雄〉という言葉に相当するヨーロッパ語hero,hérosなどは,ギリシア語ヘロスhērōsから出た。この語はもと神と人間から生まれた半神を指したが,知力や体力や戦技において常人に卓越したものをもつすぐれた人間を,さらには英雄たちの実在が信じられた時代の自由人一般を指す言葉ともなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

英雄時代
えいゆうじだい
heroic age

ホメロスの叙事詩に、自由な戦士団の指導者としての英雄(ギリシア語でヘロスhros)が活躍するところから、ヨーロッパにおいて叙事詩の背景をなす時代をさしていた。英雄時代の認識は、18世紀イタリアの哲学者ビコから始まるが、ヘーゲルは、世襲王制は確立せず、自由で個性的な貴族が活躍し、その背後の社会集団たる人民もまた独立的個性を失っていない時代だとし、マルクス主義史学は、原始共同体から階級社会への過渡的段階としてこれを規定した。この変革期にアキレウスなどの英雄的な人間が現れ、その活躍は英雄叙事詩という文学的形式で残されると考えられた。とすると、ギリシアだけではなく、原始から古代への過渡期に英雄叙事詩が残されている諸地域において英雄時代の設定が可能となり、ゲルマン、ケルトの英雄詩や北欧の『エッダ』、メソポタミアの『ギルガメシュ物語』などを生み出した社会背景を探り、そこに英雄時代を求めようとする動きがおこらざるをえない。[土井正興]

日本・東洋の英雄時代

日本においても、ヘーゲルの指摘を手掛りにして、原始から古代への過渡期に英雄時代を設定しようとする提起が石母田正(いしもだしょう)によってなされた。その意図は、一面では、世界史の法則の普遍性の貫徹の日本における立証を、他面では、英雄時代後、なぜギリシアは民主政に帰結するのに、日本が古代専制国家になるのか、その理由を英雄時代の特殊性のなかに求めることにあった。その時期は3~5世紀に設定されたが、古代貴族がホメロスのような叙事詩的英雄を生み出しえなかったところに、彼らが天皇家に隷属せざるをえない弱さがあるとされた。日本武尊(やまとたけるのみこと)が「英雄」かどうかという論議も激しく行われたが、この時期がデスポティック(専制的)な総体的奴隷制への傾斜の時期であるとして、英雄時代の設定に対する否定的反論も提起された。
 1948年(昭和23)から50年代初期にかけての日本における英雄時代論議のなかで、中国、インドにおける英雄時代が問題となったが、中国については、英雄叙事詩は存在せず、中国での研究でも英雄時代についての提起がなかったとされ、インドについては、叙事詩『マハーバーラタ』に現れた時代と社会が問題になるとされた。その転換期は紀元前9世紀とされるが、英雄たちによる国家統一を記録した叙事詩そのものは700年後の統一国家(マウリヤ朝)で作成され、それを媒介としてインドの民族意識と結び付いている。[土井正興]

ギリシアの英雄時代

原始社会から階級社会への過渡期としてのギリシアの英雄時代は、初めはホメロスの社会と一致するものと考えられていた。しかし、ミケーネ社会の発掘、調査が進むなかで、ミケーネ社会とホメロスの社会とが英雄時代のなかにどのように位置づけられるかが問題とならざるをえない。ミケーネ文字の解読、ミケーネ学の成果を摂取しつつ、この問題に精力的に取り組んだ太田秀通(ひでみち)は、ミケーネ社会を解明するなかで、ミケーネ社会が古典古代国家形成の前段階にある階級社会であると考え、原始社会からミケーネ社会への過渡期に、原始共同体を脱却するための「第一の英雄時代」を設定し、ミケーネ社会が崩壊して、ポリス社会が成立するまでの、いわゆるホメロスの社会に、「第二の英雄時代」を設定した。この「第二の英雄時代」は、ミケーネ共同体からポリス共同体への移行期であるとした。
 このホメロスの英雄像に反映する第二の変革の時代は、第一の時代への逆戻りではなく、その発展構造、共同体の形態など、より高い段階での再出発を画する時代であると考えた。この社会での共同体の一般成員は、絶えざる戦争のなかで、働く自由人であっただけでなく、戦士であり、王や貴族が共同体の代表的成員であったが、それに隷属せず、人格的に独立した戦士団であり、このホメロス期の共同体の性格のなかに民主政への基礎があったとした。ここには、英雄時代を原始から古代への過渡期とする把握と、英雄時代をホメロス社会と等置する把握の双方を満足させようとする苦心が表現されている。[土井正興]
『太田秀通著『ミケーネ社会崩壊期の研究』(1968・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

英雄時代の関連キーワードアレグザンダー(Lloyd Chudley Alexander)ヘルマン オルデンブルクアポロニオス(詩人)古代社会(歴史)フィルドウスィージャーヒリーヤ戦争(war)ニャールのサガオリンピック高木 市之助トロイア戦争原始共同体イーリアス高木市之助叙事詩圏ホメロスフケー主人公国際法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

英雄時代の関連情報