コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茎葉体 ケイヨウタイ

デジタル大辞泉の解説

けいよう‐たい〔ケイエフ‐〕【茎葉体】

植物の体制の一形で、茎と葉がはっきり区別できるもの。→葉状体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいようたい【茎葉体 cormus】

植物の体制で,地上部に茎と葉の区分が明らかなもの。葉状体に対する語。維管束植物ではすべてのものが組織の分化を伴った茎と葉をもっており,そのどちらかが極端に退化していたとしても,例外なく茎葉体といえる。コケ植物では組織の分化がみられないために,茎葉体と葉状体の区分の難しいものもみられる。藻類や菌類の場合,ホンダワラの類やハナゴケなどの地衣類のように一見茎と葉が分化しているかのようなものもあるが,維管束植物でいう茎葉体とは相似のものであって相同の体制とはいえない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいようたい【茎葉体】

茎・葉の区別がはっきりしており、維管束を有する植物体。蘚せん類・シダ植物・種子植物。 → 葉状体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茎葉体
けいようたい

器官の分化が明瞭(めいりょう)な植物体。茎、葉、根があり、内部に維管束をもつ。葉状体の対語。ただし、器官分化があって維管束のないもの(蘚類(せんるい))やその逆の例(リニア)もある。[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

茎葉体の関連キーワードゼニゴケ類シダ植物マゴケ類褐藻類配偶体生物界個体器官苔類