コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻江露友(4代) おぎえ ろゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻江露友(4代) おぎえ-ろゆう

1836-1884 明治時代の荻江節家元。
天保(てんぽう)7年生まれ。江戸深川の富豪で通称近江屋(おうみや)喜左衛門。吉原の玉屋山三郎のすすめで明治12年4代を襲名し,家元名を復活させた。旦那(だんな)芸ともいわれるが,新作をくわえ,地歌をとりいれるなど現在の荻江節の基礎をきずいた。明治17年6月30日死去。49歳。江戸出身。姓は飯島。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

荻江露友(4代)

没年:明治17.6.30(1884)
生年:天保7(1836)
江戸後期から明治にかけての荻江節の太夫。江戸深川北川町の米穀問屋で,本名近江屋(飯島)喜左衛門。江戸中期の豪商紀伊国屋文左衛門(紀文)になぞらえて今紀文といわれたほどの富豪であった。明治12(1879)年に絶えていた荻江節の家元を復活させたが,一説ではまったくの旦那芸であったともいわれる。初代三遊亭円朝に『月諷荻江の一節』がある。<参考文献>町田嘉章「荻江節談義」(『古典』1号)

(吉野雪子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

荻江露友(4代)の関連キーワード荻江 露友(4代目)錦屋惣次(初代)鈴木万里(初代)鈴木萬里(1世)荻江露友(3代)山彦 八重子10月10日荻江露友道成寺物前田青邨金谷丹前明治時代荻江ひさ深川八景丹前物長唄短夜

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android