コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーラ すうら

8件 の用語解説(スーラの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スーラ

日本語PostScriptフォント。丸ゴシック系で、M、DB、B、EBの4ファミリーがそろっている。【開】【販】フォントワークス

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スーラ(Georges Pierre Seurat)

[1859~1891]フランスの画家。色彩理論・光学理論を研究して点描法による新印象主義を創始。

スーラ(Thula)

イエメン西部に山岳部族の村。首都サヌアの北西約45キロメートルに位置する。城壁に囲まれた集落があり、オスマン帝国時代も独立を保ったことで知られる。石造りや煉瓦(れんが)造りの伝統的なイエメン建築の建物が多く残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スーラ

新印象主義を創始したフランスの画家。パリ生れ。美術学校を中退して兵役を志願し,除隊後絵画に専念。色彩学や物理学に啓発されて色彩の光学的研究を深め,これに幾何学的構図法を加味して新印象主義の理論を完成した。
→関連項目クレーラー・ミュラー美術館後期印象派シカゴ美術館バーンズ・コレクションバン・デ・ベルデライリー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スーラ【Georges Pierre Seurat】

1859‐91
フランスの画家。新印象主義中心人物。パリの富裕な家に生まれ,生活のために働く必要がなく,絵画に専念できた。1878年エコール・デ・ボザール(国立美術学校)に入学。アングルの弟子レーマンHenri Lehmannに学ぶかたわら,アングル,ドラクロアベロネーゼピュビス・ド・シャバンヌを研究するとともに,印象主義にも興味をもち,シュブルール,ルッドなどの色彩理論に感化されて,科学的な秩序に基づいた画面構築を志向する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スーラ【Georges Pierre Seurat】

1859~1891) フランスの画家。シニャックとともに新印象主義を代表する。色彩理論に基づき、点描法により色彩効果を得ようとした。作「曲馬」「ポーズする女たち」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーラ
スーラ
Seurat, Georges

[生]1859.12.2. パリ
[没]1891.3.29. パリ
フランスの画家。新印象主義の点描派の創始者(→点描法)。1878年パリの美術学校に入学し,ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングルの弟子アンリ・レーマンの指導を受けたが翌年退学。その後はルーブル美術館で古典の作品を研究し素描に励むかたわら,ミシェル=ウジェーヌ・シュブルールやヘルマン・ルートウィヒ・フェルディナンド・フォン・ヘルムホルツらの色彩学や光学理論に深い関心を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーラ
すーら
Georges Seurat
(1859―1891)

新印象主義を代表するフランスの画家。12月2日パリの富裕な家庭に生まれる。1875年に彫刻家ジュスタン・ルキアンについて素描を学ぶ。3年後エコール・デ・ボザールに入学、アングルの弟子アンリ・レーマンの指導を受けるが、翌79年に退学。1年間兵役としてブレストで過ごしたのち、パリに戻って素描に励み、ミレーを思わせる人物像や風景などを、滑らかな画肌をもった薄明のなかに描き出す。同時に、学生時代から関心を抱いていた色彩学の研究に熱中し、シュブルール、シャルル・ブラン、オグデン・ルードなどの光と色彩に関する科学的著作を熟読、また、ドラクロワの日記や作品を研究し、その色彩の対比や補色の使用を解明するノートを作成する。こうした色彩分析の成果は最初の大作『アニエールの水浴』において示された。この絵は84年に設立されたアンデパンダン展に出品され、これを機にシニャックと親交を結んだ。シニャックの示唆によりあらゆる土色の色調をパレットから排除し、さらにシステマティックな点描法を発展させて、これまで追求してきた光学的処方の全面的な実践である大作『グランド・ジャット島の日曜日の午後』を86年の最後の印象派展に出品した。これはシニャックやピサロらの作品とともに新印象主義の誕生を宣言するものであった。さらに彼は色彩理論に加えて構図に対しても科学的なアプローチを試みた。『サーカス客寄せ』や『シャユ踊り』などの作品のなかには、色彩のみならず線や運動の表現的可能性を探究したシャルル・アンリの実験心理学生理学の理論の反映が認められる。急性のジフテリアにより91年3月29日、大作『サーカス』を未完のまま31歳でパリに没した。[大森達次]
『ピエール・クルティヨン著、池上忠治訳『スーラ』(1969・美術出版社) ▽乾由明著『新潮美術文庫32 スーラ』(1974・新潮社) ▽ルイ・オートクール著、黒江光彦訳『印象派の巨匠たち10 スーラ』(1976・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスーラの言及

【後期印象派】より

…日本では,〈後期印象派〉という訳語はすでに大正期にみられたが,適切とは言えず,〈印象派以後〉と理解すべきものである。展覧会の出品作家は,マネを特例として,ゴーギャン,セザンヌ,ゴッホ,ルドン,ナビ派(ドニ,セリュジエ),新印象主義の画家たち(スーラ,シニャック,クロスHenri‐Edmond Cross),フォービスムの画家たち(マティス,マルケ,ブラマンク,ドランら)といった,印象主義から出発し,それをこえようとした雑多な画家たちであり,そこには表現主義的な傾向が顕著とはいうものの,格別の枠組みがあるわけでもなく,〈Post‐Impressionists〉は,フライ自身も言うとおり,あくまでも便宜的な呼称にすぎなかった。この呼称が主として英語圏でしか用いられないのはこのためである。…

【新印象主義】より

…フランスで19世紀末,1880年代前半から90年代にかけて,まずスーラ,ついでシニャックを中心に展開された絵画運動。〈新印象主義〉という呼称は,象徴主義的美術批評家フェネオンFélix Fénéonによる。…

※「スーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スーラの関連キーワード階乗パリジェンヌ没・歿勃・歿・没三角数パリのジャンヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スーラの関連情報