コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊戴 キクイタダキ

デジタル大辞泉の解説

きく‐いただき【菊戴】

キクイタダキ科キクイタダキ属の鳥。全長約10センチ、日本で最小の鳥の一。全体に緑褐色で、頭頂が黄色く、雄はさらにその中央が赤い。日本では亜高山帯の針葉樹林で繁殖し、冬には平地に移動する。まつむしり。 秋》「この高木―も来るとかや/虚子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きくいただき【菊戴】

スズメ目ウグイス科の小鳥。全長10センチメートル 内外で、日本最小の鳥の一。背面はオリーブ色で翼に二本の白帯がある。頭頂に雄は赤黄色、雌は黄色の菊花状の羽毛がある。北海道・本州の亜高山帯に分布し、針葉樹林にすむ。冬は南部の平地に移る。 [季] 秋。 → 松毟鳥まつむしり

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

菊戴 (キクイタダキ)

学名:Regulus regulus
動物。ヒタキ科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

菊戴の関連キーワードキクイタダキオリーブ色松毟鳥

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android