コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池恭三 きくち きょうぞう

2件 の用語解説(菊池恭三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池恭三 きくち-きょうぞう

1859-1942 明治-昭和時代前期の経営者。
安政6年10月15日生まれ。田中泰董(やすただ)の兄。平野紡績,尼崎紡績,摂津紡績の支配人兼工務長をへて明治34年尼崎紡績社長,大正4年摂津紡績社長。7年両社を合併して大日本紡績(現ユニチカ)とし社長,昭和11年会長。貴族院議員。昭和17年12月28日死去。84歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。工部大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊池恭三
きくちきょうぞう
(1859―1942)

実業家。伊予国(愛媛県)川名津の郷士・泰成の三男。大阪英語学校を経て1885年(明治18)工部大学校(東大工学部)機械工学科を卒業。横須賀造船所、大阪造幣局に勤務後、87年に平野紡績に入社し、イギリスマンチェスターで紡績技術を修得。帰国後、平野紡績をはじめとして尼崎(あまがさき)紡績、摂津紡績の支配人兼工務長として活躍。1901年(明治34)に尼崎紡績社長に就任。以後、摂津紡績、日本絹毛紡績、日本レイヨンの社長を務め、この間、大日本紡績連合会委員長にも推挙された。金融界においては、三十四銀行(後の三和銀行、現三菱東京UFJ銀行)頭取(1924就任)、共同信託(後の三和信託、現三菱UFJ信託)会長(1927就任)を歴任。1926年(大正15)には貴族院議員に勅選された。[西村はつ]
『新田直蔵編著『菊池恭三翁伝』(1948・菊池恭三翁伝記編纂事務所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊池恭三の関連キーワード二条基弘県忍浅野多吉佐伯悟竜那須弓雄長谷川良雄原恒太郎平野吉兵衛(2代)弘田長山田賀一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菊池恭三の関連情報