コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菱餅 ヒシモチ

デジタル大辞泉の解説

ひし‐もち【×菱餅】

菱形に切った餅。紅・白・緑色の3枚を重ね、雛(ひな)の節句に用いる。菱形餅。 春》「―や紅白の中の草の色/孝作
ヒシの実の粉で作った餅。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

菱餅【ひしもち】

雛祭(ひなまつり)に供える菱形に切った餅。上から紅(食紅入り),白,緑(草餅)の3段に重ねる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ひしもち【菱餅】

3月3日の桃の節句に供える、紅・白・緑の3枚が重なった菱形の餅(もち)

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菱餅
ひしもち

元来はヒシの実を粉にしてついた餅。また「雛(ひな)の餅」ともいう菱餅は、のし餅を菱形に切った餅のことで、白餅のほか紅、黄、緑色に染めた菱餅を3月3日の桃の節供に供えた。菱形餅ともいう。ヒシの実は池沼などに自生するアカバナ科の一年生水草の実で、風味が栗(くり)に似ているところから水栗ともいわれる。含め煮やきんとんにしたほか、飯に炊き込んで食したが、「君がため浮沼(うきぬ)の池の菱とると……」(万葉集)と詠まれており、食用に供した歴史はかなり古くまでさかのぼることができる。
 菱餅は菱葩餅(ひしはなびらもち)と同義とされる。菱葩餅は白い(ぶと)形の餅の内側に紅色の薄い菱形餅を重ねるが、菱餅はその簡略化された姿である。菱葩餅に重ねる菱餅も、もともとはヒシの実そのものを挟んだものであった。宮中で正月の供饌(ぐせん)料であった菱葩餅つまり菱餅が、桃の節供に用いられるようになったのは江戸中期以降で、菱餅が女性を象徴する形だからといわれる。菱餅は白、緑の二重、白、緑、黄の三重、白、緑、紅、白、黄の五重にして供えるが、大きさは均等にする場合と、上の重ねほど小さくする場合がある。重ね方や色のあわせ方は地方により異なっている。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菱餅の関連情報