コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菱餅 ヒシモチ

4件 の用語解説(菱餅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひし‐もち【×菱餅】

菱形に切った餅。紅・白・緑色の3枚を重ね、雛(ひな)の節句に用いる。菱形餅。 春》「―や紅白の中の草の色/孝作
ヒシの実の粉で作った餅。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

菱餅【ひしもち】

雛祭(ひなまつり)に供える菱形に切った餅。上から紅(食紅入り),白,緑(草餅)の3段に重ねる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ひしもち【菱餅】

3月3日の桃の節句に供える、紅・白・緑の3枚が重なった菱形の餅(もち)

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菱餅
ひしもち

元来はヒシの実を粉にしてついた餅。また「雛(ひな)の餅」ともいう菱餅は、のし餅を菱形に切った餅のことで、白餅のほか紅、黄、緑色に染めた菱餅を3月3日の桃の節供に供えた。菱形餅ともいう。ヒシの実は池沼などに自生するアカバナ科の一年生水草の実で、風味が栗(くり)に似ているところから水栗ともいわれる。含め煮やきんとんにしたほか、飯に炊き込んで食したが、「君がため浮沼(うきぬ)の池の菱とると……」(万葉集)と詠まれており、食用に供した歴史はかなり古くまでさかのぼることができる。
 菱餅は菱葩餅(ひしはなびらもち)と同義とされる。菱葩餅は白い(ぶと)形の餅の内側に紅色の薄い菱形餅を重ねるが、菱餅はその簡略化された姿である。菱葩餅に重ねる菱餅も、もともとはヒシの実そのものを挟んだものであった。宮中で正月の供饌(ぐせん)料であった菱葩餅つまり菱餅が、桃の節供に用いられるようになったのは江戸中期以降で、菱餅が女性を象徴する形だからといわれる。菱餅は白、緑の二重、白、緑、黄の三重、白、緑、紅、白、黄の五重にして供えるが、大きさは均等にする場合と、上の重ねほど小さくする場合がある。重ね方や色のあわせ方は地方により異なっている。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菱餅の関連キーワード素甘地紙柿餅切石海鼠餅半切鼈羹

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菱餅の関連情報