コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菱/芰 ヒシ

デジタル大辞泉の解説

ひし【×菱/×芰】

ヒシ科の水生の一年草。池や沼に生え、茎は細長く、泥水中を伸びる。葉は菱状三角形で、葉柄の一部にふくらみがあり、四方に出て水面に浮かぶ。夏、葉の間から短い花柄を伸ばし、水上に白い4弁花を開く。秋にとげのある固い実がなり、果肉は白く、食用。 実=秋 花=夏》「―採のはなるる一人雨の中/蛇笏
鉄製で菱の実に似た鋭い角のある武器。地上にまいたりして敵の進入を防ぐ。→鉄菱
文様や紋所の名。菱形をさまざまに図案化したもの。幸(さいわい)菱・三蓋菱・松皮菱・割菱など。
菱形」の略。
菱縫(ひしぬい)」の略。
菱根(ひしね)」の略。

りょう【菱】[漢字項目]

人名用漢字] [音]リョウ(呉)(漢) [訓]ひし
水草の名。ヒシ。「菱花菱形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひし【菱】

ヒシ科の一年生水草。各地の沼や池に群生。茎は水中を伸びて各節に細根を生じる。葉は菱形で、葉柄はふくれて空気を含み、水面に浮く。夏、白色四弁の花が咲く。果実はかたい殻でおおわれ両側に鋭いとげがある。食用となる。 〔「菱の花」は [季]夏。「菱の実」は [季]秋〕
家紋の一。菱形を組み合わせたもの。松皮菱・割菱(武田菱)・三階菱など。
武器の一。鉄製で菱の実形に作り、先端をとがらせたもので、地上や河中に立てたり、まいたりして敵の進入を妨げる。車菱くるまびし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

菱 (ヒシ)

植物。ハマビシ科の一年草,薬用植物。ハマビシの別称

菱 (ヒシ)

学名:Trapa japonica
植物。ヒシ科の浮葉性一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

菱/芰の関連キーワードMHIプラントエンジニアリング菱電湘南エレクトロニクス島根県隠岐郡海士町福井菱鉄鉱(データノート)菱垣廻船(菱垣回船)ウーライト質菱鉄鉱ヒュブナー菱面体檜垣・菱垣・桧垣マグネサイト菱鉄鉱鉱石含鉄堆積物シデライトペロ菱鉄鉱庄内刺し子革包み胴炭酸鉄鉱マコヴカ菱形矢来入れ子菱菱垣問屋

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android