鳥の子餅(読み)とりのこもち

日本大百科全書(ニッポニカ)「鳥の子餅」の解説

鳥の子餅
とりのこもち

(つる)の子ともいう。祝儀用の紅白餅で、鳥の卵のように楕円(だえん)形につくるところからこの名がある。また鳥のなかでも鶴は長寿を保つというので、鶴の子餅ともよばれて好まれた。糯米(もちごめ)をふかして臼(うす)に移すとき、紅餅の分にだけ食紅を加え、搗(つ)き分けて卵形に整えるが、砂糖が潤沢になるにつれ、素甘(すあま)のように甘くこしらえるようになった。祝儀の配り物としては大きな紅白餅を1個ずつ並べるか、重ね餅にするが、重ねにする場合は紅餅を上にする。また小餅を重詰(じゅうづ)めにすることもある。

[沢 史生

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android