鳥の子餅(読み)とりのこもち

日本大百科全書(ニッポニカ)「鳥の子餅」の解説

鳥の子餅
とりのこもち

鶴(つる)の子餅ともいう。祝儀用の紅白餅で、鳥の卵のように楕円(だえん)形につくるところからこの名がある。また鳥のなかでも鶴は長寿を保つというので、鶴の子餅ともよばれて好まれた。糯米(もちごめ)をふかして臼(うす)に移すとき、紅餅の分にだけ食紅を加え、搗(つ)き分けて卵形に整えるが、砂糖が潤沢になるにつれ、素甘(すあま)のように甘くこしらえるようになった。祝儀の配り物としては大きな紅白餅を1個ずつ並べるか、重ね餅にするが、重ねにする場合は紅餅を上にする。また小餅を重詰(じゅうづ)めにすることもある。

[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android