コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥の子餅 トリノコモチ

デジタル大辞泉の解説

とりのこ‐もち【鳥の子餅】

祝儀用の、平たい卵形の紅白の。鶴(つる)の子餅。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

とりのこもち【鳥の子餅】

もち米で作った餅(もち)を平たい卵形に紅白対で作ったもの。祝い事に用いる。◇もち米の餅ではなく、うるち米の糝粉(しんこ)を用いたすあまで同様に作ったものを「鶴の子餅」という。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥の子餅
とりのこもち

(つる)の子餅ともいう。祝儀用の紅白餅で、鳥の卵のように楕円(だえん)形につくるところからこの名がある。また鳥のなかでも鶴は長寿を保つというので、鶴の子餅ともよばれて好まれた。糯米(もちごめ)をふかして臼(うす)に移すとき、紅餅の分にだけ食紅を加え、搗(つ)き分けて卵形に整えるが、砂糖が潤沢になるにつれ、素甘(すあま)のように甘くこしらえるようになった。祝儀の配り物としては大きな紅白餅を1個ずつ並べるか、重ね餅にするが、重ねにする場合は紅餅を上にする。また小餅を重詰(じゅうづ)めにすることもある。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鳥の子餅の関連キーワードうるち(粳)米もち米(ごめ)生菓子餅菓子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android