コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥の子餅 トリノコモチ

3件 の用語解説(鳥の子餅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とりのこ‐もち【鳥の子餅】

祝儀用の、平たい卵形の紅白の餅。鶴(つる)の子餅。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

とりのこもち【鳥の子餅】

もち米で作った餅(もち)を平たい卵形に紅白対で作ったもの。祝い事に用いる。◇もち米の餅ではなく、うるち米の糝粉(しんこ)を用いたすあまで同様に作ったものを「鶴の子餅」という。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥の子餅
とりのこもち

(つる)の子餅ともいう。祝儀用の紅白餅で、鳥の卵のように楕円(だえん)形につくるところからこの名がある。また鳥のなかでも鶴は長寿を保つというので、鶴の子餅ともよばれて好まれた。糯米(もちごめ)をふかして臼(うす)に移すとき、紅餅の分にだけ食紅を加え、搗(つ)き分けて卵形に整えるが、砂糖が潤沢になるにつれ、素甘(すあま)のように甘くこしらえるようになった。祝儀の配り物としては大きな紅白餅を1個ずつ並べるか、重ね餅にするが、重ねにする場合は紅餅を上にする。また小餅を重詰(じゅうづ)めにすることもある。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥の子餅の関連キーワード毬餅黍団子黍餅しつけた餅鶴の子餅海鼠餅菱餅蓬餅もち米(ごめ)もち米(まい)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone