コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落合寅市 おちあい とらいち

2件 の用語解説(落合寅市の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

落合寅市 おちあい-とらいち

1850-1936 明治時代の自由民権運動家。
嘉永(かえい)3年9月17日生まれ。明治17年秩父困民党の蜂起(ほうき)に参加。四国の別子銅山にかくれ,翌年大井憲太郎らの大阪事件にかかわり逮捕された。昭和11年6月26日死去。87歳。武蔵(むさし)秩父郡(埼玉県)出身。本姓は黒沢。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

落合寅市

没年:昭和11.6.26(1936)
生年:嘉永3.9.17(1850.10.22)
明治期の自由民権運動家。武蔵国秩父郡(埼玉県)般若村に生まれる。秩父困民党に加わり,明治17(1884)年秩父事件では大隊副長を務めたが,敗走して,四国に潜伏。のち大井憲太郎らの大阪事件(1885)に加わり,18年11月門司で逮捕され,重懲役10年に処せられた。特赦で出獄したのちキリスト教に帰依して救世軍に入った。<参考文献>見田宗介編『自由と民権』(『明治の群像』5巻)

(寺崎修)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落合寅市の関連キーワード自由民権運動自由民権論井上伝蔵飯塚森蔵石坂昌孝加藤織平鈴木久弥平良新助武市安哉野手一郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone