コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛野流 かどのりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葛野流
かどのりゅう

能の大鼓方の流儀名。流祖は徳川家康に仕えた葛野九郎兵衛尉定之 (1588~1657) 。川崎九淵吉見嘉樹亀井俊雄ら,東京で名手を多く出している。瀬尾乃武 (のりたけ) のあと亀井忠雄が宗家預りとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かどの‐りゅう〔‐リウ〕【葛野流】

能の囃子(はやし)の大鼓(おおつづみ)方の流派の一。江戸初期に活躍した葛野九郎兵衛尉定之を祖とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かどのりゅう【葛野流】

能楽大鼓方の流儀の一つ。現在,能楽協会に20名弱の役者が登録され,東京,金沢を中心に活躍している。音楽構造は比較的複雑で,装飾的な手組(リズム,パターン)が多く,曲の要所に特殊な替(かえ)の手組を打つことも少なくない。また幸流(こうりゆう)小鼓と折りあいがよく,幸流に合わせてヌク地,切ル地といった替の地を打っている。流祖葛野九郎兵衛尉定之は素人の出身だったが,豊臣秀吉,徳川家康にその才能を認められ,徳川秀忠の代に公儀に召し抱えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かどのりゅう【葛野流】

能楽の大鼓おおつづみ方の流派。江戸初期に活躍した。流祖は葛野九郎兵衛定之。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

葛野流の関連キーワード田中 伝左衛門(11代目)田中伝左衛門(11世)飯島 佐之六(9代目)川崎九淵・川崎九渕斎田 喜兵衛飯島 六之佐三王 礼夫津村 又喜宮田 常蔵山崎 楽堂清水 然知渡部 栄嗣亀井 忠雄瀬尾 乃武桜間 辰之川崎 九淵吉見 嘉樹亀井 俊雄山崎楽堂泉鏡花

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android