コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸祥光 こうよしみつ

7件 の用語解説(幸祥光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幸祥光
こうよしみつ

[生]1892.11.16. 東京,東京
[没]1977.4.6. 東京
幸流小鼓方の能楽師。16世宗家。本名正寿。前名幸五郎,幸悟朗。神谷直方の五男。1902年三須平司の養嗣子となり,養父と養祖父の三須錦吾に師事。1904年『田村』で初舞台。1909年『道成寺』を初演,幸流の芸事を相続して幸姓を名のる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐よしみつ〔カウ‐〕【幸祥光】

[1892~1977]能楽師。小鼓方幸流16世宗家。東京の生まれ。明治から昭和にかけて不世出の名人とうたわれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

幸祥光【こうよしみつ】

能楽師。幸流小鼓方16世宗家。旧姓神谷。前名悟朗。幸流小鼓方の三須平司の養子。少年時代から抜群の技量を示す。17歳の時,五流宗家の推薦で幸流宗家を継承。大鼓の川崎久淵との名コンビで名を馳せた。
→関連項目川崎九淵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸祥光 こう-よしみつ

1892-1977 明治-昭和時代の能楽師小鼓(こつづみ)方。
明治25年11月16日生まれ。35年幸流の三須(みす)錦吾の長男平司の養子となり,養祖父と養父に師事。42年宗家16代をつぐ。音色のうつくしさと絶妙な間のもちかたで他の追随をゆるさず,名人と称された。昭和30年人間国宝。40年芸術院会員。昭和52年4月6日死去。84歳。東京出身。旧姓は神谷。前名は五郎,悟朗。著作に「小鼓とともに」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こうよしみつ【幸祥光】

1892‐1977(明治25‐昭和52)
能楽小鼓方幸流16世宗家。旧姓は神谷。前名は五郎,悟朗。東京生れ。1902年望まれて小鼓方幸流三須(みす)平司の養嗣子となり,養父と養祖父三須錦吾に師事。09年宗家の芸事を継承,30年入籍。33年東京音楽学校教務嘱託。天賦の才に恵まれ,音色の美しさと間拍子の確かさは比類なく,明治・大正・昭和の3代を通して大鼓の川崎九淵とならび囃子方最高峰として尊崇を集めた。48年東京囃子科協議会会長,55年重要無形文化財保持者各個指定(人間国宝)に認定,65年芸術院会員。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうよしみつ【幸祥光】

1892~1977) 能楽師。小鼓こつづみ方幸流宗家。本名、五郎。東京生まれ。音色と間拍子の絶妙さで、天才的な名人と評された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幸祥光
こうよしみつ
(1892―1977)

能楽師。幸(こう)流小鼓(こつづみ)方。宗家16世。東京生まれ。1902年(明治35)旧豊後(ぶんご)(大分県)中川藩抱え小鼓方三須錦吾(みすきんご)の長男平司の養子となる。前名五郎、悟朗。04年初舞台。09年幸流を再興。30年(昭和5)宗家へ入籍。55年重要無形文化財保持者に認定。65年日本芸術院会員。天賦の才能に恵まれて音色の美しさは比類なく、晩年は技術を超越した高い芸境を示し、希代の名人と称された。著書『小鼓とともに』(1968)がある。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幸祥光の関連キーワード観世宗拶幸清流幸流北村治大鼓方観世小鼓方北村一郎友枝三郎三須錦吾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幸祥光の関連情報