コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸祥光 こうよしみつ

7件 の用語解説(幸祥光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幸祥光
こうよしみつ

[生]1892.11.16. 東京,東京
[没]1977.4.6. 東京
幸流小鼓方の能楽師。16世宗家。本名正寿。前名幸五郎,幸悟朗。神谷直方の五男。1902年三須平司の養嗣子となり,養父と養祖父の三須錦吾に師事。1904年『田村』で初舞台。1909年『道成寺』を初演,幸流の芸事を相続して幸姓を名のる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐よしみつ〔カウ‐〕【幸祥光】

[1892~1977]能楽師。小鼓方幸流16世宗家。東京の生まれ。明治から昭和にかけて不世出の名人とうたわれた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

幸祥光【こうよしみつ】

能楽師。幸流小鼓方16世宗家。旧姓神谷。前名悟朗。幸流小鼓方の三須平司の養子。少年時代から抜群の技量を示す。17歳の時,五流宗家の推薦で幸流宗家を継承。大鼓の川崎久淵との名コンビで名を馳せた。
→関連項目川崎九淵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸祥光 こう-よしみつ

1892-1977 明治-昭和時代の能楽師小鼓(こつづみ)方。
明治25年11月16日生まれ。35年幸流の三須(みす)錦吾の長男平司の養子となり,養祖父と養父に師事。42年宗家16代をつぐ。音色のうつくしさと絶妙な間のもちかたで他の追随をゆるさず,名人と称された。昭和30年人間国宝。40年芸術院会員。昭和52年4月6日死去。84歳。東京出身。旧姓は神谷。前名は五郎,悟朗。著作に「小鼓とともに」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうよしみつ【幸祥光】

1892‐1977(明治25‐昭和52)
能楽小鼓方幸流16世宗家。旧姓は神谷。前名は五郎,悟朗。東京生れ。1902年望まれて小鼓方幸流三須(みす)平司の養嗣子となり,養父と養祖父三須錦吾に師事。09年宗家の芸事を継承,30年入籍。33年東京音楽学校教務嘱託。天賦の才に恵まれ,音色の美しさと間拍子の確かさは比類なく,明治・大正・昭和の3代を通して大鼓の川崎九淵とならび囃子方最高峰として尊崇を集めた。48年東京囃子科協議会会長,55年重要無形文化財保持者各個指定(人間国宝)に認定,65年芸術院会員。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうよしみつ【幸祥光】

1892~1977) 能楽師。小鼓こつづみ方幸流宗家。本名、五郎。東京生まれ。音色と間拍子の絶妙さで、天才的な名人と評された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幸祥光
こうよしみつ
(1892―1977)

能楽師。幸(こう)流小鼓(こつづみ)方。宗家16世。東京生まれ。1902年(明治35)旧豊後(ぶんご)(大分県)中川藩抱え小鼓方三須錦吾(みすきんご)の長男平司の養子となる。前名五郎、悟朗。04年初舞台。09年幸流を再興。30年(昭和5)宗家へ入籍。55年重要無形文化財保持者に認定。65年日本芸術院会員。天賦の才能に恵まれて音色の美しさは比類なく、晩年は技術を超越した高い芸境を示し、希代の名人と称された。著書『小鼓とともに』(1968)がある。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

幸祥光の関連キーワードカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件イタリア映画大林組(株)岸沢式佐保護鳥立憲改進党光の科学史神の下の国

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幸祥光の関連情報