蓮社(読み)レンシャ

  • ×蓮社
  • れんじゃ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。
① 浄土信仰を抱く人々の念仏結社。また、その人々。もと東晉の慧遠(えおん)のつくった仏教の結社で、廬山(ろざん)の北に般若雲台精舎(はんにゃうんだいしょうじゃ)を立て、池に白蓮を植え、西方浄土の教えを説いた。白蓮社。
※本朝無題詩(1162‐64頃)一〇・遊関西山寺〈釈蓮禅〉「蓮社煙香迎仏処、竹房日暮謁僧間」 〔蓮社高賢伝‐不入社諸賢伝〕
② 浄土宗で用いる法号の一種。宗義と戒の二つの伝統を受け、一宗の蘊奥(うんのう)を極めたものに授けられる佳号。また、貴人などの戒名の下に添える語。
※随筆・塩尻(1698‐1733頃)五九「大樹家蓮社号 東照宮(安国殿)徳蓮社」
③ 浄土信仰を抱く念仏者の住居をいう。
※浄土鎮流祖伝(1704)八「往詣之国曰蓮邦、其教称蓮教、其居号蓮社

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android