白蓮社(読み)びゃくれんしゃ(英語表記)Bo-lian-she

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白蓮社
びゃくれんしゃ
Bo-lian-she

中国の仏教結社。元興1 (402) 年東晋慧遠 (えおん) が廬山東林寺門下 123人とともに念仏修行し,阿弥陀仏浄土への往生を誓願したのに始る。中国浄土宗創始で,その名は白蓮を植えたことに由来するという。唐代に作者未詳の『廬山十八高賢伝』がつくられ,宋代には慧遠の高風を慕して,々の結社がつくられた。宋末,元初には白蓮社念仏教を復興する運動が起り,多くの共鳴者を得たが,元朝政府から邪教として禁圧された。明・清・民国時代にも各地にこの種の結社がつくられた。また,白蓮社の影響は朝鮮,日本にも及び,法然の法孫宗円は入宋して廬山をたずねたり,澄円は文保1 (1317) 年入元し,帰国後堺に旭蓮社を建立して,その遺風を移した。中世以来,日本の浄土宗の僧が某蓮社と号するようになったのもその影響である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びゃくれんしゃ【白蓮社 Bái lián shè】

中国,東晋の僧慧遠(えおん)が,402年(元興1),みずから創建した廬山の東林寺において,僧俗知識人の同志123人とともに,阿弥陀浄土への往生を誓願した念仏結社で,劉遺民願文を作った。寺のかたわらの池に白い蓮を植えたので〈白蓮社〉とよばれたというこの結社は,後世に深い影響を与え,宋代以後,各地に〈集蓮社〉と称する念仏結社が組織された。朝鮮や日本にもこの結社の風が伝えられ,京都鹿ヶ谷の法然院はその一つである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

びゃくれん‐しゃ【白蓮社】

中国、東晉の高僧慧遠(えおん)が元興元年(四〇二)廬山の東林寺で僧俗一二三人とともに結成した宗教結社。往生浄土の念仏三昧を修したもので、浄池に白蓮を植えたところからその名を生じた。白社。白蓮。以後、この種の結社の通称として用いられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

白蓮社
びゃくれんしゃ

東晋の僧慧遠が402年につくった念仏結社
廬山の東林寺において同士123人と創建。阿弥陀浄土への往生を誓願し,のちに慧遠 (えおん) は浄土宗の開祖と呼ばれた。なお,名前の由来は寺の池に白い蓮を植えたことによる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の白蓮社の言及

【慧遠】より

…俗姓は賈(か)氏。中国浄土教の祖師といわれ,念仏の結社〈白蓮社〉の開祖とされる。廬山に住したので〈廬山の慧遠〉といい,隋代の地論宗の浄影寺の慧遠と区別している。…

※「白蓮社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報