コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕃神(読み)ばんしん

世界大百科事典 第2版の解説

ばんしん【蕃神】

外来の神をさしていった語。隣国の神,客神まろうどがみ),今来神(いまきのかみ)ともいう。《日本書紀》欽明天皇13年条には仏陀を蕃神と記し,〈となりのくにのかみ〉と読んでいる。この神をおがめば国神(くにかみ)の怒りを招くとの理由から仏教の渡来に反対している。日本の天神地祇以外の,外国から渡来した民族の神は蕃神とされ,《古語拾遺》には,秦,漢,百済の民はそれぞれ神を奉じて祠をもっていたと伝える。仏教公伝以前日本に来た渡来人による仏教などの私信仰は,日本の神と習合して崇拝された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android