コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕃神 ばんしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕃神
ばんしん

日本の古代外国から渡来した客神,夷神ともいう。外国から移住または帰化した種族祖神,さらにその崇敬した神をいう。仏陀をさしていった場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ばん‐しん【×蕃神/蛮神】

外国人のまつる神。外国から伝わった神。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ばんしん【蕃神】

外来の神をさしていった語。隣国の神,客神まろうどがみ),今来神(いまきのかみ)ともいう。《日本書紀》欽明天皇13年条には仏陀を蕃神と記し,〈となりのくにのかみ〉と読んでいる。この神をおがめば国神(くにかみ)の怒りを招くとの理由から仏教の渡来に反対している。日本の天神地祇以外の,外国から渡来した民族の神は蕃神とされ,《古語拾遺》には,秦,漢,百済の民はそれぞれ神を奉じて祠をもっていたと伝える。仏教公伝以前日本に来た渡来人による仏教などの私信仰は,日本の神と習合して崇拝された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

蕃神の関連キーワードまろうど神物部尾輿新羅明神素戔嗚尊外国人ヤモリ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android