コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩問屋 さつまどんや

2件 の用語解説(薩摩問屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩摩問屋
さつまどんや

江戸時代,薩摩藩の物産や唐物 (からもの) を扱った大坂の特権的荷受問屋。寛永5 (1628) 年,大坂阿波座新堀の開発後,同8年に薩摩屋仁兵衛の開業した国産取扱問屋がその始り。安永7 (1778) 年,薩州定問屋として株仲間を公許,翌8年,株数を 30軒に定められ三十軒問屋と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薩摩問屋
さつまどいや

江戸時代、大坂に設けられた国問屋の一つ。1630年(寛永7)大坂阿波座(あわざ)(大阪市西区)に新堀が開削され、幕府の要請により薩摩藩が同堀(薩摩堀と改称)一帯を自国物産回着地と定め、同堀開発者の薩摩屋仁兵衛(にへえ)と鍋屋宗円(なべやそうえん)を国産荷物売買の取締に任じたのが薩摩問屋のおこりである。その後鍋屋は断絶したが、問屋数は正徳(しょうとく)年代(1711~16)には7軒、安永(あんえい)年代(1772~81)には20軒、幕末には30軒を数えた。薩摩藩領国産品である砂糖、蝋(ろう)、乾物、煙草(たばこ)、鰹節(かつおぶし)などのほか琉球(りゅうきゅう)産品や琉球を経由する唐物などを取り扱った。取引方法は、一定の販売手数料の契約の下に、荷主から委託を受けた物品を販売する荷受問屋的なものが多かった。[宮本又郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薩摩問屋の関連キーワード唐物唐物点唐物の使ひ唐物奉行唐物屋薩摩馬薩摩暦唐物の使薩摩踊薩摩藩の琉球侵攻

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone