コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津荘 しまづのしょう

4件 の用語解説(島津荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

島津荘【しまづのしょう】

日向国大隅国薩摩国にまたがる荘園。近衛家領。1026年大宰大監(だざいだいげん)平季基が日向国島津(現都城市)一帯の荒野を開発して関白藤原頼通に寄進したのに始まる。
→関連項目伊作荘入来院甑島列島島津氏種子島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

島津荘

11世紀に大宰府の平季基がこの一帯を開拓し、関白藤原頼通に寄進した荘園。当初は小規模なものだったが、平安時代から鎌倉時代には鹿児島県の薩摩、大隅と日向の半分以上を占める約8千ヘクタールの国内最大の荘園となった。

(2016-09-14 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しまづのしょう【島津荘】

南九州日向・大隅・薩摩3国にまたがる摂関家近衛家を本所とする広域荘園。1026年(万寿3)大宰大監平季基が日向国島津(現,宮崎県都城市内)を中心とする付近一帯の荒野を開発して宇治関白藤原頼通に寄進したのに始まる。その後関白忠実らの荘園拡充策と郡司等地方豪族の土地支配の欲求とが相まって平安末期から鎌倉初期にかけて約8000町歩の大荘園に発展した。島津荘は忠実からその女高陽院(かやいん)泰子へ,泰子から忠通の子基実へ伝領,基実の死後妻盛子(平清盛女)が管領,のち基実の子基通が相伝した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島津荘
しまづのしょう

日向(ひゅうが)国諸県(もろかた)郡島津院(宮崎県都城(みやこのじょう)市郡元(こおりもと)付近)に発し、日向南部、大隅(おおすみ)、薩摩(さつま)の南九州3国に広がった巨大荘園。本所は摂関家(近衛(このえ)家)。11世紀初頭、大宰府大監(だざいふだいげん)平季基(すえもと)が伴(とも)氏ら在庁官人層と結託し関白藤原頼通(よりみち)に寄進したことに始まる。一円荘のほか、在地勢力による公領の寄進によって成立した半不輸の寄郡(よせごおり)とからなり、鎌倉期には8000町歩に及んだ。領家は、藤原忠通(ただみち)の家司(けいし)藤原邦綱(くにつな)から、邦綱の女(むすめ)成子、興福寺(こうふくじ)の院家の一乗院実信(いちじょういんじっしん)に伝えられ一乗院領となった。地頭は鎌倉初頭、惟宗忠久(これむねただひさ)が荘目代(しょうもくだい)・荘留守(しょうるす)と惣地頭(そうじとう)という公武両所職を兼帯し、荘園支配を確立しつつ幕府の南九州支配の要(かなめ)となった。荘内の没官領には、千葉常胤(ちばつねたね)や鮫島(さめじま)宗家など東国御家人(ごけにん)も入部し、惣地頭(東国御家人)と旧来の下司(げし)・弁済使(べんざいし)ら小地頭(在地領主)との対立も深まった。1203年(建仁3)比企(ひき)の乱で島津氏が失脚し、島津荘薩摩方を除く日向方・大隅方地頭職は守護職とともに北条氏に属した。南北朝期には、荘園支配も預所(あずかりどころ)から給主による年貢請負体制となり、在地領主にまったく依存する不安定なものとなり、1350年代には消滅した。なお、外国船の着岸地として、大宰府から独立して貿易も行われ、近衛家の重要な財源ともなっていた。[井原今朝男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の島津荘の言及

【伊作荘】より

…薩摩国伊作郡(現,鹿児島県日置郡)にあった荘園で,薩摩・大隅・日向3国にまたがる島津荘の一部をなす。元来この土地は平姓伊作氏が領有していたが,平安時代末期に摂関家荘園島津荘に収納物の一部を納める寄郡(よせごおり)とされ,ついで1187年(文治3)本領主平重澄は下司職を持ったまま島津荘の一円不輸の荘園として寄進しなおし,さらに承久の乱の前後には本家近衛家から領家職が興福寺一乗院に寄進されたので,伊作荘は本領主・領家・本家によって重層的に領有される典型的な寄進型荘園となった。…

【入来院】より

…院の一般的なあり方からみて,平安時代に薩摩郡の辺境の開発が行われたさい,その拠点となった院倉の名が,所領の発展に伴い所領名に転化したものと考えられる。入来院は平安末期には摂関家の荘園島津荘の寄郡(よせごおり)となって,収納物の一部が荘園領主摂関家に納められることになったが,1197年(建久8)の薩摩国大田文によれば,その面積は全体で92町2反,そのうち寄郡となった面積は75町であった。同院の開発は鎌倉時代前半いちじるしく進み,1250年(建長2)の検注帳によれば193町8反が把握され,その内部には楠本,ひさくくち,倉野,中村,城籠(じようこもり),塔原(とうのはら),副田,清色(きよしき),市比野(いちびの)などの小村が含まれていたことが知られる。…

【大隅国】より

…国府は桑原郡(現,国分市府中)にあり,現在もその近隣には守公神社,国分寺跡,隼人塚,台明寺跡,一宮(正八幡宮,鹿児島神宮),二宮(蛭子神社),式内社の韓国宇頭峯神社,大穴持神社など関係遺跡が多い。
【中世】
 11世紀はじめ日向で開創された摂関家領島津荘は12世紀鳥羽院政期に入って急速に発展をとげ,大隅においても郡司などはその支配地をあげて寄進し,1197年(建久8)の《大隅国図田帳》によれば,国内全田数3017町余のうち1465町余を占めるに至った。同様に石清水八幡宮を本家とする正八幡宮領も1296町余を占めるに至った。…

【薩摩国】より

… 古代末期には郡郷の制も乱れ,郡より院郷が分出して,1197年(建久8)の〈薩摩国図田帳〉によれば和泉郡,山門院,莫禰(あくね)院,高城郡,東郷別府,祁答(けどう)院,入来院,甑島,薩摩郡,宮里郷,牛屎院,市来院,日置北郷,日置南郷,満家院,伊集院,伊作郡,阿多郡,加世田別府,河辺郡,知覧院,頴娃郷,揖宿郡,給黎院,谷山郡,鹿児島郡等の郡院郷が並立するに至った。また1026年(万寿3)ごろ日向国諸県郡島津駅付近を中心に大宰大監平季基により開発され,摂関家藤原頼通に寄進されて成立した島津荘は,郡司ら在地豪族の領主権拡大の要望と,藤原忠実ら摂関家の荘園拡大策と相まって12世紀以降薩隅日3ヵ国に急速に広がり,薩摩国では〈建久図田帳〉によれば国内全田数4010町余のうち,2934町余が島津荘となった。このうち和泉郡,日置北郷,伊作郡等635町は一円荘となり,他の2299町余は半輸の寄郡(よせごおり)であった。…

【日置荘】より

…薩摩国薩摩郡日置郷(現,鹿児島県日置郡)を母体とする荘園。平安時代末期,同郷は南北2郷に分かれ,うち北郷内70町と南郷内36町は荘国両属の寄郡(よせごおり)として摂関家領島津荘に加えられたが,1187年(文治3)本領主の系譜をひき下司職をもつ平重澄はこれを島津荘の一円領として寄進しなおしたので,こののちはしばしば島津荘内日置荘(日置北庄,日置南庄)とも呼ばれるようになった。また残る日置郷内のうち北郷内30町は同じく平安時代末までに宇佐弥勒寺領荘園として立券され,これも同じく日置荘と呼ばれ,日置を名字とする大江姓の本領主が下司として存続した。…

【弁済使】より

…公物を費やすといえども寺家のため益なし〉とあり,弁済使と雑掌が同義的に用いられている。またとくに注目すべき弁済使の例として摂関家領島津荘の場合がある。島津荘の弁済使は半不輸の寄郡のみに見られる。…

【寄郡】より

…中世,薩摩,大隅,日向にまたがって存在した島津荘にみられる所領単位。一般に〈よせごおり〉とよまれることが多いが,一個の所領に属しながら他領にも身分的に属して所役をつとめる者を寄人(よりうど)というから,公領(郡)でありながら荘園にも寄属しているとの意で寄郡(よりごおり)と呼ばれたと考えられる。…

※「島津荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

島津荘の関連キーワード鹿児島藩九州地方島津忠久妙寿南九州大学南九州市九州南九州肝付兼重島津元久

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

島津荘の関連情報