コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薫炉 クンロ

デジタル大辞泉の解説

くん‐ろ【薫炉】

香をたくのに用いる金属製や陶磁製などのうつわ。香炉薫籠(くんろう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くんろ【薫炉 xūn lú】

香草をいぶして衣服を保護したり,室内に香気をただよわす香炉。中国の戦国・漢代に発達し,銅製や陶製のものがある。高坏形の身に塁々とそびえる山岳をかたどった蓋をつけ,蓋の個所にあけた透孔からを出す博山炉が代表的である。ほかに,鼎形や盤に柄がつく形のものがある。いずれも篝(かご)と承盤をともない,ときには移動用の銅篝をともなうものもある。南北朝時代にも漢式の薫炉が残り,仏具にもとりいれられた。南朝では青磁の薫炉が発達し,博山炉系のもののほか,蓋と身を一体につくり凸字形の透孔を多数あけたものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くんろ【薫炉】

香をたく器。香炉。薫籠くんろう。 「 -の煙」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

薫炉の関連キーワード薫籠・薫篭透かし彫日本美術霍去病墓正倉院調度

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android