コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薫蒸 くんじょうfumigation

翻訳|fumigation

世界大百科事典 第2版の解説

くんじょう【薫蒸 fumigation】

密閉空間で薬剤をガス状態にして一定時間保持し,有害生物を駆除する方法。主として貯蔵穀物ならびに製品に繁殖する貯穀害虫類の駆除に使われるが,果実,葉タバコ,木材の害虫駆除,穀物,香辛料の殺菌,土壌消毒などにも使われる。倉庫内に投薬された薫蒸剤は徐々に気化してガスとなり,ガスは倉庫内にしだいに拡散し,倉庫全体に広がる。ガス濃度が高まると,ガスは穀物の狭い間隙(かんげき)中に浸透していくが,浸透したガスの一部は穀物の表面に収着されてしまい,残りがより深く浸透していく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

薫蒸の関連キーワードパラホルムアルデヒドシアン化ナトリウムクロルピクリン土壌殺菌剤かんぴょうカキ(柿)殺線虫剤DDVPコナダニ干し柿紹興酒肉製品D燻蒸剤農薬

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android