薬猟・薬狩(読み)くすりがり

精選版 日本国語大辞典「薬猟・薬狩」の解説

くすり‐がり【薬猟・薬狩】

〘名〙 昔、陰暦の五月五日に、山野に出て薬物を採取した行事。はじめは主として鹿の若角を取ったが、のち、薬草を採取するようになった。きそいがり。《季・夏》
書紀(720)推古一九年五月(寛文版訓)「菟田の野に薬猟(クスリカリ)す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android