コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原貞敏 ふじわらのさだとし

4件 の用語解説(藤原貞敏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原貞敏
ふじわらのさだとし

[生]大同2(807)
[没]貞観9(867)
平安時代初期の雅楽家,琵琶の名手。藤原継彦の第6子。承和5 (838) 年遣唐使准判官として唐に渡り,名人廉承武 (一説に劉二郎) の教えを受け翌年帰国した。唐制そのままの琵琶譜を日本式に改変することに貢献。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原貞敏 ふじわらの-さだとし

807-867 平安時代前期の官吏,雅楽家。
大同(だいどう)2年生まれ。京家藤原継彦の6男。承和(じょうわ)5年(838)遣唐使准判官として唐(中国)にわたり,琵琶(びわ)を廉承武(れん-しょうぶ)(一説に劉二郎)にまなぶ。名器「玄象(げんじょう)」「青山」と,楽譜をゆずられて翌年帰国。調弦法を整理し,後世の規範をつくった。掃部頭(かもんのかみ),従五位上にいたる。貞観(じょうがん)9年10月4日死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのさだとし【藤原貞敏】

807‐867(大同2‐貞観9)
平安初期の官人,琵琶師。管絃の達人藤原継彦の子。貞敏も音楽をよくし835年(承和2)遣唐使准判官に任じられ838年に入唐し,琵琶を学んで翌年帰国した。唐の琵琶の名手から秘曲を伝承し,その娘と結婚して,琵琶の名器を贈られたとも伝えられる。参河介などを経て雅楽助となり,842年には従五位下に叙され,ついで雅楽頭となった。858年(天安2)母の喪にあって解官し,のち復帰して掃部頭となった。官人としてはみるべき業績はなかったが,琵琶の名手として仁明,文徳,清和3代の天皇に仕え,名声を博した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原貞敏
ふじわらのさだとし
(807―867)

平安初期の雅楽家。藤原氏京家の3代目藤原継彦の第6子。琵琶(びわ)の名手で、仁明(にんみょう)・文徳(もんとく)・清和(せいわ)の3代の帝(みかど)に仕えた。838年(承和5)遣唐使准判官として唐に渡り、琵琶の名人廉承武(れんしょうぶ)(劉次郎とも)から『流泉(りゅうせん)』『啄木(たくぼく)』『楊真操(ようしんそう)』などの秘曲を伝授される。翌年、玄象(げんじょう)・青山(せいざん)という琵琶の名器を携えて帰国、朝廷に献上し、また『賀殿(かでん)』の曲も琵琶譜で持ち帰る。奈良時代以来用いられていた琵琶の記譜法と調弦を日本的に修正して貢献し、琵琶の祖といわれる。伝授された『琵琶諸調子品(しょちょうしぼん)』1巻が現存する。[橋本曜子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原貞敏の関連キーワード長慶子流泉太鼓の達人Wii太鼓の達人Wii 決定版太鼓の達人 ぽ〜たぶる太鼓の達人 ぽ〜たぶる2太鼓の達人 ぽ〜たぶるDX太鼓の達人Wii 超ごうか版太鼓の達人 Wii Uば〜じょん!藤原雄敏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone