コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤沢清造 ふじさわ せいぞう

2件 の用語解説(藤沢清造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤沢清造 ふじさわ-せいぞう

1889-1932 大正-昭和時代前期の小説家。
明治22年10月28日生まれ。尋常小学校卒業後,種々の職業をへて上京,演芸画報社の記者となる。大正11年長編小説根津権現(ごんげん)裏」を発表。精神疾患から失踪(しっそう)をくりかえし,昭和7年1月29日東京芝公園で凍死した。44歳。石川県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤沢清造
ふじさわせいぞう
(1889―1932)

小説家。石川県生まれ。尋常小学校卒業。丁稚(でっち)生活を送ったのち、18歳ごろ上京し、『演芸画報』の記者となる。1922年(大正11)、友人の悲惨な死を描いた長編小説『根津権現裏(ねづごんげんうら)』を発表して文壇に登場。人間の醜悪、悲惨な面をもっぱら描いた藤沢の作品は、晩年になるにつれて無政府主義的傾向が強くなっていった。悪疾による精神障害から失踪(しっそう)を重ねたすえに、東京・芝公園内で凍死した。[大森澄雄]
『大森澄雄著『藤沢清造』(『私小説作家研究』所収・1982・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤沢清造の関連キーワード楽弘入青木隆内田徳郎鹿島萩麿坂井大輔四方竜文(7代)中村要船橋栄吉宮崎虎一和田操

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone