藤田豊八(読み)ふじたとよはち

日本大百科全書(ニッポニカ)「藤田豊八」の解説

藤田豊八
ふじたとよはち
(1869―1929)

東洋学者。号は劍峯(けんぽう)。徳島県美馬(みま)郡郡里(こおざと)村(現美馬市)に生まれる。三高を経て、1895年(明治28)に東京帝国大学文科大学漢文科を卒業。97年に清(しん)国に渡り、上海(シャンハイ)、北京(ペキン)、広東(カントン)で教職につき、1912年(大正1)帰国した。東西交渉史を研究し、20年に文学博士の学位を受け、28年(昭和3)に台北(タイペイ)帝国大学文政学部長に転出したが、翌年7月東京で病没した。主著に『東西交渉史研究』2巻(1932~33刊)がある。

[佐口 透]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藤田豊八」の解説

藤田豊八 ふじた-とよはち

1869-1929 明治-昭和時代前期の東洋史学者。
明治2年9月15日生まれ。30年清(しん)(中国)にわたり,東文学社設立など教育につくす。敦煌(とんこう)から発掘された古文献に触発され,以後東洋史研究に専念。帰国後は早大,東京帝大などの教授をつとめた。昭和4年7月15日死去。61歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。帝国大学卒。号は剣峰。著作に「東西交渉史の研究」(南海篇,西域篇)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「藤田豊八」の解説

藤田豊八
ふじたとよはち

[生]明治2(1869).9.15. 徳島,郡里
[没]1929.7.15. 東京
東洋学者。 1895年東京大学卒業。 97年清国におもむき,1912年に帰国。清国滞在中に『慧超往五天竺国伝箋釈』 (1909) ,『島夷志略校注』 (11) などを著わした。 28年に台北帝国大学文政学部長となったが,翌年病論文は『東西交渉史の研究』 (2巻,32~33) に収められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「藤田豊八」の解説

ふじた‐とよはち【藤田豊八】

東洋史学者。阿波(徳島県)出身。号は剣峰。帝国大学漢文科卒業後中国に渡り、清朝末期の新学の発展に尽くすとともに、東洋史学に関するすぐれた研究を行なった。昭和三年(一九二八)台北帝大文政学部部長となる。著「東西交渉史の研究」など。明治二~昭和四年(一八六九‐一九二九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android