コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田豊八 ふじたとよはち

4件 の用語解説(藤田豊八の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤田豊八
ふじたとよはち

[生]明治2(1869).9.15. 徳島,郡里
[没]1929.7.15. 東京
東洋学者。 1895年東京大学卒業。 97年清国におもむき,1912年に帰国。清国滞在中に『慧超往五天竺国伝箋釈』 (1909) ,『島夷志略校注』 (11) などを著わした。 28年に台北帝国大学文政学部長となったが,翌年病没。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじた‐とよはち〔ふぢた‐〕【藤田豊八】

[1869~1929]東洋史学者。徳島の生まれ。早大・東大・台北大教授を歴任。号、剣峰。著「東西交渉史研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田豊八 ふじた-とよはち

1869-1929 明治-昭和時代前期の東洋史学者。
明治2年9月15日生まれ。30年清(しん)(中国)にわたり,東文学社設立など教育につくす。敦煌(とんこう)から発掘された古文献に触発され,以後東洋史研究に専念。帰国後は早大,東京帝大などの教授をつとめた。昭和4年7月15日死去。61歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。帝国大学卒。号は剣峰。著作に「東西交渉史の研究」(南海篇,西域篇)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤田豊八
ふじたとよはち
(1869―1929)

東洋学者。号は劍峯(けんぽう)。徳島県美馬(みま)郡郡里(こおざと)村(現美馬市)に生まれる。三高を経て、1895年(明治28)に東京帝国大学文科大学漢文科を卒業。97年に清(しん)国に渡り、上海(シャンハイ)、北京(ペキン)、広東(カントン)で教職につき、1912年(大正1)帰国した。東西交渉史を研究し、20年に文学博士の学位を受け、28年(昭和3)に台北(タイペイ)帝国大学文政学部長に転出したが、翌年7月東京で病没した。主著に『東西交渉史研究』2巻(1932~33刊)がある。[佐口 透]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤田豊八の関連キーワード池内広正到津公煕植場平佐々木文一高城規一郎高木益太郎西田敬止二条正麿森永助矢川ミキ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone