コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋史学 とうようしがく

世界大百科事典 第2版の解説

とうようしがく【東洋史学】

日本における歴史研究および歴史教育上の一分野。日本史(国史)学,西洋史学と並立して学会や大学の課程での専門分野を形成する。なお,韓国では,韓国史学,西洋史学とともに,日本史を含む東洋史学が並立する。中国文明の多大の影響と恩恵を受けてきた日本では,早くから中国史の知識を教養の一部とし,多くの中国史籍に親しんできた。そこから価値ある史書の書抄・翻刻が行われ,またその文章読解や諸制度の解説などがなされ,その成果は今日の研究を利するものが少なくない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東洋史学
とうようしがく

「東洋史」という教科が日本の中等学校で採用されるようになったのは、日清(にっしん)戦争の起こった1894年(明治27)のことで、「支那(しな)歴史」のほかに突厥(とっけつ)、女真(じょしん)、蒙古(もうこ)などの諸民族の盛衰消長を扱うとされている。ついで日露戦争の起こった1904年(明治37)には、東京帝国大学文科大学に支那史学科が設けられて、白鳥庫吉(しらとりくらきち)がその教授になった。白鳥はその数年前に、ヨーロッパで開かれた万国東洋学会に出席し、突厥、匈奴(きょうど)、朝鮮の歴史に関する独自な研究を発表して注目されており、1910年には支那史学科を東洋史学科と改称した。その間、堯(ぎょう)、舜(しゅん)、禹(う)の実在性を否定する論文を発表して、伝統的な漢学者に痛撃を加え、また満鉄に「満鮮史」に関する学術調査室を設置するなど、東洋史学の発達の基礎を築いた。
 一方、1906年に開設された京都帝国大学には、史学科の東洋史学講座に内藤湖南(こなん)(虎次郎(とらじろう))、桑原隲蔵(じつぞう)らが教授として迎えられ、東京とは異なった学風の樹立を目ざした。とくに内藤は長い朝日新聞記者時代に培った鋭い時代感覚と深い学殖によって、京都「支那学」の重鎮となり、「内藤史学」として大きな影響を及ぼした。
 1920~30年代に日本とアジア諸国との関係は亀裂(きれつ)を深めていったが、その間にあっても日本の東洋史学は現象的には発達した。オーストラリア生まれのジャーナリストで、のち中華民国政府顧問となったモリソンGeorge Ernest Morrison(1862―1920)の蔵書を三菱(みつびし)が一括して買い取って開設された東洋文庫(1924)は、東洋学研究のメッカと称され、また義和団事件の賠償金が基金となって東京と京都に東方文化学院が開設された(1927)。
 日本人は古くから漢文で書かれた中国の書物を読むことに習熟していたうえに、明治になって欧米の新しい研究法を積極的に摂取したので、日本の東洋史学はたちまち世界の学界に伍(ご)するようになった。とくに、精緻(せいち)で実証的な業績をあげたのは歴史地理、経済史、考古学などの諸分野である。また日本のアジア政策の進展に伴って、その研究領域も「満蒙」から西域(せいいき)へ、東南アジアからインド、西アジアへと拡大していった。しかしこうして発達した「満鮮学」「満蒙学」「東亜学」などに対しては、研究対象であるアジア諸国・諸民族から、日本のアジア侵略の先触れとして警戒されたことも忘れてはならない。[小倉芳彦]
『小倉芳彦著『吾レ龍門ニ在リ矣――東洋史学・中国・私』(1974・龍渓書舎) ▽五井直弘著『近代日本と東洋史学』(1976・青木書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東洋史学の関連キーワード早稲田大学東洋史懇話会東洋史研究会波多野 善大石浜 純太郎石田 幹之助鳥山 喜一本田 実信橋本 増吉桑原 隲蔵板野 長八田中 克己藤田 豊八稲葉 岩吉三上 次男山本 達郎梶村 秀樹内藤虎次郎市村瓚次郎田村 実造仁井田 陞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東洋史学の関連情報