コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎目石 トラメイシ

百科事典マイペディアの解説

虎目石【とらめいし】

繊維状角セン石を石英で充填(じゅうてん)または交代したもの。カボションカットするとあざやかな変彩を示す。黄〜褐色。宝石飾石に用いられるがキャッツアイ(猫目石(ねこめいし))より低廉。
→関連項目キャッツアイ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とらめいし【虎目石 tiger’s eye】

石英中にソウセン(曹閃)石の繊維状組織が平行な層状に混入したもの。このためにキャッツアイと同じ変彩効果を示し,また褐鉄鉱(水酸化鉄)の含有によって黄褐色を呈するので,虎目石(タイガーズアイ)の名称をもつ。モース硬度7,比重2.65,屈折率1.54。産出量が多く,安価な宝石として,カフスボタンなど,おもに男性用装身具に使用される。本来の青色のものは鷹目石(ホークスアイ),日本では青虎目石の名で呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虎目石
とらめいし
tiger's eye

アルカリ角閃(かくせん)石の一種であるリーベック閃石riebeckiteの、針状結晶の繊維状集合(これをクロシドライトcrocidoliteとよぶことがある)を石英が交代した鉱物。鉄が酸化されて全体が黄褐色になっている。繊維状構造のため光彩が変化し、虎の目のようにみえるところからこの名がある。リーベック閃石が一部残って藍青(らんせい)色を帯びるものは、これとは別に鷹目(たかめ)石(ホークスアイhawk's eye)ともよばれる。おもに南アフリカやオーストラリアの変成層状鉄鉱床中に産し、飾り石として利用される。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の虎目石の言及

【キャッツアイ】より

…その他トルマリン,アパタイト,ベリルなど多くの宝石にこの効果を現すものがあり,おのおの石名を冠して何々キャッツアイと称する。石英中に石綿の繊維状組織が平行な層状に混入したものも,同様な光の効果を現し,タイガーアイ(虎目石)と呼ばれる。【近山 晶】。…

※「虎目石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

虎目石の関連キーワードイ・カストーニ グラース・タイガーアイ甲州水晶貴石細工青石綿

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android