コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猫目石 ネコメイシ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猫目石
ねこめいし

通常は光芒(こうぼう)(一点を中心として二方向へ走る光る筋(すじ))をもつように研摩した、良質の金緑石。キャッツアイcat's eyeともいう。光芒の原因はきわめて微細な包有物の影響によるとされる。色は淡緑ないし黄色系統。透明である。研摩にあたっては、光芒がよく見えるよう、表面に丸みをつけたカボション型(カボション・カットcabochon cut)にするのが普通である。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の猫目石の言及

【キャッツアイ】より

…このような組織をもつ宝石をカボション形にカットした場合,組織に対して直角方向に現れる光の線条をネコの目にたとえた名である。代表的なものはクリソベリル・キャッツアイ(クリソベリル)で,通常キャッツアイ(猫目石)と呼ぶときはこれを指す。その他トルマリン,アパタイト,ベリルなど多くの宝石にこの効果を現すものがあり,おのおの石名を冠して何々キャッツアイと称する。…

※「猫目石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

猫目石の関連キーワードカボション・カットキャッツアイ効果ラトナプーラ虎目石

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android