コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛎ノ浦島 かきのうらしま

3件 の用語解説(蛎ノ浦島の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蛎ノ浦島
かきのうらしま

長崎県西彼杵(にしそのぎ)半島の北西海上にある島。「蛎浦島」とも書く。西海(さいかい)市に属する。面積4.82平方キロメートル。西彼杵半島の西方に浮かぶ大島の南西方に位置する。第三紀層の丘陵地からなり、1907年(明治40)炭坑が開発され、最盛期は年産120万トンを超える日本屈指の海底炭田となったが、1968年(昭和43)閉山。炭坑住宅のアパート群は空き家のまま残されている。島の東岸には海食崖(がい)が発達、西岸はリアス式海岸で、崎戸港(福浦)があり、佐世保(させぼ)への定期船がある。大島との間に中戸(なかと)大橋が架かり、西彼杵半島と陸路で連絡し、南西方に続く崎戸島との間に本郷大橋が架けられている。人口1538(2000)。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

蛎ノ浦島【かきのうらじま】

長崎県西彼杵(にしそのぎ)半島の北西にある島。面積4.75km2。第三紀層からなり,丘陵性を呈し,西彼杵郡崎戸町(現・西海市)に属する。江戸時代には大村藩領に属して流罪の島とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕蛎ノ浦島(かきのうらしま)


長崎県西彼杵(にしそのぎ)半島の西方にある島。面積4.8km2。西海市に属する。1907年(明治40)以来、炭鉱の島として最盛期には年間100万t以上を出炭したが、1968年(昭和43)閉山した。漁業のほかイオン交換膜法による製塩工場が立地する。北東の蛎ノ浦大(おお)島とは中戸(なかと)大橋で結ばれ、さらに寺島(てらしま)大橋・大島大橋経由で西彼杵半島と結ばれている。「蠣ノ浦島」とも表記。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone