コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福浦 ふくら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福浦
ふくら

石川県北西部,志賀町中部の旧村域。能登半島の西岸にある。 1889年村制施行。 1954年富来町,熊野村,稗造村,東増穂村,西増穂村,西海村,西浦村と合体して富来町になった。 2005年志賀町と合体。漁港を中心とした集落で,日本海大和堆へイカ釣りなどに出漁する。良港として古代より開け,日本海から奈良,京都にいたる玄関口となって,高句麗渤海国の使者が訪れ,交易も行なわれたといわれる。江戸時代は北前船避難港として栄えた。近くに能登金剛の景勝地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福浦
ふくら

石川県羽咋(はくい)郡志賀(しか)町富来(とぎ)の一地区。能登(のと)半島外浦(そとうら)の能登金剛(こんごう)最南端にあり、現在は福浦港(ふくらこう)(大字)と称する。天然の良港で、古代は渤海(ぼっかい)の使者が寄港し、能登客院が置かれたという。近世は北前船(きたまえぶね)の風待ち港、避難港として栄えた。現在は漁港。旧福浦灯台は江戸初期に建てられたといわれ、現存する木造灯台は1876年(明治9)の建造である。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の福浦の言及

【崎戸[町]】より

…行政の中心である崎戸の所在する蠣ノ浦(かきのうら)島は長崎市の北西約50km,佐世保市の南西約30kmの海上に位置し,蠣ノ浦島から西方約20km隔てて江ノ島,さらに西方に平(ひら)島がある。人口1000人程度の漁村であったが,1907年蠣ノ浦島の福浦で石炭採掘が始まると海底炭田の町として発展し,最盛期には2万6000人の人口を数えた。しかし68年炭鉱が閉山して急激に過疎化が進んだ。…

※「福浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

福浦の関連キーワード米山福浦八景県立自然公園石川県羽咋郡志賀町福浦港佐渡弥彦米山国定公園インターアクションイタチウオ(鼬魚)アルファ(製造業)新潟県柏崎市笠島ピンチカツ・福浦富来[町]崎戸[町]ピンチカツ津奈木町西海半島蛎ノ浦島西廻海運中川一政ニッパツ湯河原町鯨波海岸福浦八景

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福浦の関連情報