コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崎戸 さきと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崎戸
さきと

長崎県中部,西海市西部の旧町域。西彼杵半島北西方の蛎浦島崎戸島平島江島などからなる。1931年町制。1956年平島村,江島村を編入。2005年大島町,大瀬戸町,西海町,西彼町と合体し,西海市となる。蛎浦島は江戸時代は西海航路の寄港地として,また後期には捕鯨の基地としても栄えた。1907年以来炭鉱の町となり,最盛期の 1950年には人口 2万6000を数えたが 1968年閉山,その後製塩業が発達した。江島は台地状の島で,畑作と漁業が行なわれる。平島は西海国立公園,崎戸島,御床島西彼杵半島県立自然公園に属する景勝地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崎戸
さきと

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡にあった旧町名(崎戸町(ちょう))。現在は西海(さいかい)市の西端部を占める。旧崎戸町は1931年(昭和6)町制施行。1956年平(ひら)島、江ノ島(江島)の2村を編入。2005年(平成17)西彼(せいひ)町、大島(おおしま)町、西海町、大瀬戸(おおせと)町と合併、市制施行して西海市となった。旧崎戸町は西彼杵半島の西方海上にある蛎ノ浦(かきのうら)島を主島とし崎戸島、御床(みとこ)島および江島、平島を町域とした。1907年(明治40)蛎ノ浦島の西岸福浦に炭坑が開かれて以来、海底炭田の町として発展、最盛期の昭和10年代には年間100万トン以上の出炭を誇り、日本有数の炭田といわれ、人口は2万5000を数えたが、1968年(昭和43)閉山し、人口は激減した。蛎ノ浦島は、中戸(なかと)大橋によって大島町と結ばれ、崎戸島―蛎ノ浦島間には本郷(ほんごう)大橋がある。また、佐世保(させぼ)港からの上五島(かみごとう)航路は、蛎ノ浦島、江島、平島に寄港する。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

崎戸の関連キーワード長崎県西海市崎戸町蠣浦郷大島(長崎県の旧町名)西海(長崎県)平島(長崎県)長崎県西海市高木 作太西海(市)大島[町]井上 光晴西海[市]崎戸[町]香月薫平九州地方松島炭田井上光晴青木良悌蛎ノ浦島蠣ノ浦島五島灘瀝青炭

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

崎戸の関連情報