コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛟/虬/虯/螭 ミズチ

デジタル大辞泉の解説

み‐ず‐ち〔‐づ‐〕【×蛟/×虬/×虯/×螭】

《古くは「みつち」。「み」は水、「つ」は「の」、「ち」は霊の意》想像上の動物。蛇に似て長く、角と4本の足がある。水中にすみ、毒気を吐いて人を害するという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


みずち

水中に住むという妖怪(ようかい)。蛇に似て、四足があるという想像上の動物。蛟竜、とも書き、「ほら」ともいう。大きさなどの伝聞は正確でなく、長さ七丈九尺(約24メートル)余りとか、一丈(約3メートル)余りなどという。毒気を吐いて人に害を与えるともいうが、大雨を降らすなどの伝承が多く、水神もしくは水神の使わしめと考えられてきた。河童(かっぱ)のことをメドチ、ミッツドンなどとよぶ地方があるのは、水神が零落して妖怪となった河童に、蛟の名をつけたものである。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蛟 (ミズチ)

動物。水中に住むという妖怪

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

蛟/虬/虯/螭の関連キーワード魏志倭人伝(読み下し)チーリン(吉林)特別市チヤオホー(蛟河)市南シナ海問題不蔵庵龍渓特殊潜航艇鈴木 松年玉虹楼一泉唐王朱聿鍵人間魚雷豊田美稲松平頼升今村 誠ちまき金比羅津本陽メドチ松花湖橘逸勢菓子

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android