コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟹草 カニクサ

デジタル大辞泉の解説

かに‐くさ【×蟹草】

カニクサ科の蔓性(つるせい)で多年生のシダ。関東以西の山地に自生。蔓状の地上部は葉の変形したもので、葉状の部分は羽片。夏、上方の羽片の裏面にカニの内臓に似た胞子嚢(ほうしのう)群をつける。漢方で胞子嚢を海金砂(かいきんしゃ)といい、淋病(りんびょう)に薬用。つるしのぶ。しゃみせんづる。かんづる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かにくさ【蟹草】

カニクサ科の夏緑性シダ植物。葉は羽状複葉で、地下の根茎から出る。地上部は全体が葉で、つる状で茎にみえる部分は葉柄にあたる。羽片は三角形。胞子や根を漢方薬として用いる。ツルシノブ。シャミセンヅル。スナクサ。漢名、海金砂。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蟹草 (カニクサ)

植物。イネ科一年草エノコログサの別称

蟹草 (カニクサ・カニグサ)

学名:Lygodium japonicum
植物。カニクサ科の多年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

蟹草の関連キーワードシャミセンヅルツルシノブ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android