蟹草(読み)カニクサ

デジタル大辞泉の解説

かに‐くさ【×蟹草】

カニクサ科の蔓性(つるせい)で多年生のシダ。関東以西の山地に自生。蔓状の地上部は葉の変形したもので、葉状の部分は羽片。夏、上方の羽片の裏面にカニの内臓に似た胞子嚢(ほうしのう)群をつける。漢方で胞子嚢を海金砂(かいきんしゃ)といい、淋病(りんびょう)に薬用。つるしのぶ。しゃみせんづる。かんづる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かにくさ【蟹草】

カニクサ科の夏緑性シダ植物。葉は羽状複葉で、地下の根茎から出る。地上部は全体が葉で、つる状で茎にみえる部分は葉柄にあたる。羽片は三角形。胞子や根を漢方薬として用いる。ツルシノブ。シャミセンヅル。スナクサ。漢名、海金砂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android