コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟹草 カニクサ

2件 の用語解説(蟹草の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かに‐くさ【×蟹草】

カニクサ科の蔓性(つるせい)で多年生のシダ。関東以西の山地に自生。蔓状の地上部は葉の変形したもので、葉状の部分は羽片。夏、上方の羽片の裏面にカニの内臓に似た胞子嚢(ほうしのう)群をつける。漢方で胞子嚢を海金砂(かいきんしゃ)といい、淋病(りんびょう)に薬用。つるしのぶ。しゃみせんづる。かんづる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かにくさ【蟹草】

カニクサ科の夏緑性シダ植物。葉は羽状複葉で、地下の根茎から出る。地上部は全体が葉で、つる状で茎にみえる部分は葉柄にあたる。羽片は三角形。胞子や根を漢方薬として用いる。ツルシノブ。シャミセンヅル。スナクサ。漢名、海金砂。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone