血石(読み)けっせき(英語表記)blood-stone; heliotrope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血石
けっせき
blood-stone; heliotrope

玉髄の一種。緑泥石包有して暗緑色を呈するプラズマと呼ばれる玉髄のうち,酸化鉄や鉄水酸化物の混入により赤色,赤褐色の斑点状,あるいは縞状の模様が顕著に発達した石。ヘリオトロープともいう。装飾用,鑑賞用飾石などとして用いられる。インドのカシアワール半島が主産地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けっせき【血石】

玉髄ぎよくずいの一種。緑石英または緑玉髄の中に赤色または赤褐色の酸化鉄が点々と入っているもの。飾り石として用いられる。血玉髄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血石
けっせき

緑色の玉髄もしくはプラズマとよばれる微細な粒状ないし繊維状の緑色の石英の中に、酸化鉄の赤色斑点(はんてん)が入っている鉱物。ブラッドストーンbloodstoneの直訳である。研磨して飾り石に使われる。インド、オーストラリア、アメリカ、ブラジルなどから産する。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血石の関連情報