コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血豆 チマメ

4件 の用語解説(血豆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ち‐まめ【血豆】

指などを強く打ったり挟んだりしたときに皮下に内出血を起こしてできる、赤黒い豆粒のようなもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

血豆【ちまめ】

手足などの皮下に生ずる豆粒大の出血。外傷によるものが大部分だが,炎症や血液病で起こることもある。血液が吸収されて自然になおるが,ときに破れて潰瘍(かいよう)をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちまめ【血豆 friction blister】

皮膚組織内に起こった出血のため,紫紅色の小さい豆くらいの大きさの発疹が生じたもの。手足の指,手のひら,足の裏などが強く圧迫された場合など,機械的刺激により,皮膚の中に小さい出血が起こるためにできる。指をはさんだり,急に無理をして手を使う仕事をしたあとの手の血豆や,靴ずれの血豆などは,日常よく経験することである。簡単な軽い場合には自然に吸収されるので心配はないが,化膿しないように注意し,抗生物質軟膏をつけてガーゼなどで保護しておかなければならないこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の血豆の言及

【まめ】より

…その中に少量の血液がまざると赤色となる。これが血豆である。また,表皮がはがれて糜爛(びらん)面になると,痛みがいっそう強くなる。…

※「血豆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血豆の関連情報