コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛戍 エイジュ

世界大百科事典 第2版の解説

えいじゅ【衛戍】

日本陸軍軍隊が永久に一つの地に駐屯することを衛といい,当該軍隊がその地域(地名を付して,たとえば仙台衛戍地という)の警備および陸軍の秩序,軍紀,風紀の監視ならびに陸軍に属する建築物などの保護の任に当たった。衛戍勤務を定めた法規に衛戍条例(1881年5月勅令)があり,1910年の全面改正で衛戍令と改称,同時に細目を定めた衛戍勤務令も定められ,45年11月30日の廃止まで有効であった。衛戍令などによれば,その地に駐屯する軍隊(憲兵隊などを除く)の長の最上級先任者が衛戍司令官となり,軍司令官および師団長の監督下に業務を統括した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えいじゅ【衛戍】

軍隊が常時駐屯して警備すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衛戍
えいじゅ

第二次世界大戦前のわが国において、陸軍の軍隊が永久に一地に駐屯することを衛戍といい、軍隊がその地域の警備、陸軍の秩序、陸軍に属する建造物の保護などに任ずることを衛戍勤務とよんだ。衛戍の制度は、1876年(明治9)の東京衛戍部署に端を発するが、1910年(明治43)に全面改正され、第二次大戦末まで存続した衛戍条例および衛戍勤務令がその基本的内容を定めていた。これらによれば、衛戍司令官は「災害または非常の際治安維持に関する処置」を講ずることが可能とされ、しかもその場合、「多衆集合して暴行をなすに当り、兵力を用いるに非(あら)ざれば鎮圧するの手段なきとき」には、兵器を用いることも可能とされた。この制度は、しばしば国内の民衆運動を抑圧する手段として利用され、18年(大正7)の米騒動の際に、これら衛戍条例および衛戍勤務令に基づいて軍隊が出動し、民衆を殺傷したことは有名である。[山内敏弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

衛戍の関連キーワード儒・受・呪・壽・寿・戍・授・樹・綬・聚・豎・需二・二六事件/蹶起趣意書国立国際医療研究センター石田 熊治郎栗田 直八郎樫田 亀一郎本堂 恒次郎野口 詮太郎近藤 平三郎佐久間左馬太日韓基本条約亀岡 泰辰仁田原重行本堂恒次郎西郷 吉義中島 正武長野 蘇南秋山 練造篠尾 明済一木 儀一

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衛戍の関連情報