コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣料切符 イリョウキップ

4件 の用語解説(衣料切符の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いりょう‐きっぷ〔イレウ‐〕【衣料切符】

衣料を配給するために政府が発行した点数制の切符。昭和17年(1942)から昭和25年(1950)まで続いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

衣料切符【いりょうきっぷ】

1942年国民一般の繊維製品消費を規制するために設けられた統制切符。商工大臣の指定する繊維製品,木綿,絹製品などについては購買者の切符から指定点数を切り取って販売する仕組であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いりょうきっぷ【衣料切符】

第二次大戦中から戦後にかけて、政府が衣料統制のために発行した切符。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衣料切符
いりょうきっぷ

第二次世界大戦中の1942年(昭和17)、物資不足のために施行された、衣料の配給制度の切符。他の配給と違って、品目によって布の消費量や生活必需度が違うため、細かな点数制がつくられたところに特徴がある。切符の有効期間は1年間。ネル、晒(さらし)、手拭(てぬぐい)、靴下などの必需品については、添付の制限小切符によって、購入数が制限されていて、余った点数があっても、その品目は購入できない仕組みになっていた。1人の割当ては、都市部100点、郡部80点で、品目点数は、たとえば43年では、シャツ(ワイシャツを含む)12点、猿股(さるまた)4点、靴下1点などであり、ワイシャツ、下着シャツ、靴下、猿股を4点ずつ購入すると、すでに制限点数を越える不自由なものであった。しかも衣料切符制施行と同時に、小売店の統合廃止が行われ、また戦局が押し迫るにつれて、店舗への供給数が極端に少なくなったことから、切符はあっても、実際には購入できない状態になった。この衣料切符制度は、戦後も衣料生産状況のよくなる50年(昭和25)まで続けられた。[梶 龍雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の衣料切符の言及

【切符】より

…平安末期ころから租税などの納入命令書,あるいは為替などの証券の意味に用いられた。現在では入場券または乗車乗船券などを切符と呼んでいるが,第2次世界大戦およびその前後の物資統制時代には衣料品の配給を受けるための衣料切符などがあった。劇場や相撲場が芝居茶屋や相撲茶屋を介さずに直接入場券を売る切符制度を採用したのは,1911年3月に開場した東京の帝国劇場にはじまる。…

※「衣料切符」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

衣料切符の関連情報