コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋田の滝(読み)ふくろだのたき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袋田の滝
ふくろだのたき

茨城県北西部,久慈川支流滝川に注ぐ滝。生瀬 (なませ) 盆地の水を集めて高さ約 121mのところから幅約 80mのが4段になって落ちることから「四度の滝」とも呼ばれる。徳川光圀藤田東湖大町桂月らが訪れ,詩画を残している。奥久慈県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

袋田の滝

茨城県久慈郡大子町にある滝。久慈川水系の滝川上流に位置する。落差120メートル。冬季には氷瀑が観察できる。1990年、日本の滝100選に選定。上流の生瀬滝とあわせ、2015年に国の名勝に指定。「四度(よど)の滝」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕袋田の滝(ふくろだのたき)


茨城県北部、久慈(くじ)川支流の滝(たき)川にかかる滝。落差120m。幅73m。那智(なち)滝・華厳(けごんの)滝と並び日本三名瀑(めいばく)の一つとされる。4段に分かれ、四度(よど)の滝ともよぶ。厳冬期の氷瀑(ひょうばく)で有名。南側の月居(つきおれ)山(標高404m)には中世の山城跡があり、紅葉の名所。下流袋田温泉がわく。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袋田の滝の関連情報