コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖振山 ソデフルヤマ

デジタル大辞泉の解説

そでふる‐やま【袖振山】

奈良県の吉野山の勝手明神の裏山。天武天皇が吉野宮で琴を奏して「少女(をとめ)ども少女さびすと唐玉を袂に纏(ま)きて少女さびすも」〈琴歌譜〉と歌うと、雲中に天女が現れて舞を舞い、五度袖をひるがえしたという。五節(ごせち)の舞の起源となったと伝えられる。[歌枕

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そでふるやま【袖振山】

奈良県吉野町の勝手神社の裏手の山。大海人皇子おおあまのおうじ(後の天武天皇)が社前で琴を奏でたとき、天女が天降あまくだって舞ったという伝説があり、五節ごせちの舞の起源とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android