コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被り/冠 カブリ

デジタル大辞泉の解説

かぶり【被り/冠】

かぶること。かぶるもの。「砂―」「薦(こも)―」
フィルム・印画紙を現像したときに、露光しなかった部分に生じる黒い曇り。
芝居・寄席などの終演。打ち出し。
芝居・寄席などの大入り。
(冠)
㋐「かんむり」に同じ。
「このごろの―は、昔よりははるかに高くなりたるなり」〈徒然・六五〉
㋑官位。
「其の―に二十六階(しな)あり」〈天智紀〉
《冠(かんむり)をつけるところから》元服すること。加冠。
「男君達の―などし給へるも」〈栄花・月の宴〉
負担としてしょいこむこと。
「我が了簡でしたことは、皆此の身の―となる」〈松翁道話・三〉
しくじること。
「知れると大―さ」〈洒・古契三娼〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

被り/冠の関連キーワードムッシュ・ムチュランI世無保険車傷害保険ベリーズ(都市)園比屋武御岳石門プロイセン改革タキシード仮面後遺障害保険金ダッカドゥームーミンパパ災害補償保険湯かむり唄バリィさん蝉蛻・蟬蛻横方・横様宇都宮騒動手術保険金ランバート一座の宣旨グルジア人秋田大黒舞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android