コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被り/冠 カブリ

1件 の用語解説(被り/冠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かぶり【被り/冠】

かぶること。かぶるもの。「砂―」「薦(こも)―」
フィルム・印画紙を現像したときに、露光しなかった部分に生じる黒い曇り。
芝居・寄席などの終演。打ち出し。
芝居・寄席などの大入り。
(冠)
㋐「かんむり」に同じ。
「このごろの―は、昔よりははるかに高くなりたるなり」〈徒然・六五〉
㋑官位。
「其の―に二十六階(しな)あり」〈天智紀〉
《冠(かんむり)をつけるところから》元服すること。加冠。
「男君達の―などし給へるも」〈栄花・月の宴〉
負担としてしょいこむこと。
「我が了簡でしたことは、皆此の身の―となる」〈松翁道話・三〉
しくじること。
「知れると大―さ」〈洒・古契三娼〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被り/冠の関連キーワード気触る糠篩引っ被る驕り高ぶる気が高ぶる喧嘩にかぶる笠はなし高ぶるニカブダンス・マカブル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone