コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裂く/割く サク

デジタル大辞泉の解説

さ・く【裂く/割く】

[動カ五(四)]
ひと続きのものを、強い力を加えて直線的に二つに離す。手で強く引っ張って破る。「布を―・く」「生木を―・く」
刃物などで切って開く。「魚の腹を―・く」「うなぎを―・く」
親しい関係にある者どうしを無理に離す。「二人の仲を―・く」
(割く)予定しているものの一部を、都合して他の用に充てる。「時間を―・く」「紙面を―・く」「人手を―・く」
目尻に入れ墨をする。
「あめつつ千鳥ま鵐(しとと)など―・ける利目(とめ)」〈・中・歌謡〉
[可能]さける
[動カ下二]さ(裂)ける」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

裂く/割くの関連キーワード切り細裂く・切細裂く真木割く・真木栄く掻っ捌く・搔っ捌く引き裂く・引裂く食い裂く・食裂く鉤裂き・鈎裂き絹を裂くようヤマコウバシ横紙を破る裂く・割く眦を決する掻き破る三裂星雲八つ裂き打っ裂く蚊帳吊草切細裂く荒御鋒欲・慾目打ち

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android