裂く/割く(読み)サク

デジタル大辞泉の解説

さ・く【裂く/割く】

[動カ五(四)]
ひと続きのものを、強い力を加えて直線的に二つに離す。手で強く引っ張って破る。「布を―・く」「生木を―・く」
刃物などで切って開く。「魚の腹を―・く」「うなぎを―・く」
親しい関係にある者どうしを無理に離す。「二人の仲を―・く」
(割く)予定しているものの一部を、都合して他の用に充てる。「時間を―・く」「紙面を―・く」「人手を―・く」
目尻に入れ墨をする。
「あめつつ千鳥ま鵐(しとと)など―・ける利目(とめ)」〈・中・歌謡〉
[可能]さける
[動カ下二]さ(裂)ける」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android