コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製品計画 せいひんけいかくproduct planning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

製品計画
せいひんけいかく
product planning

商品計画ともいう。企業が販売目標を効果的に実現するために,消費者の欲求,購買力などに合致するように製品の開発,価格,品質,デザイン,包装,商標などを企画決定する活動。マーチャンダイジング merchandisingと同義に用いられることが多い。計画の方向としては,競合商品や他社商品との比較において,これを進めていこうとする商品差別化政策と,市場を形成している消費者の特性に基づいて,これを行おうとする市場細分化政策の2つがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいひんけいかく【製品計画 product planning】

企業がどのような製品を,どのような組合せで市場に提供していくかを統合的に,企画,立案することをいう。ここでいう製品とは,企業が市場に提示する消費者ニーズ充足のための媒体であり,有形の物理的実体だけでなく,それに基づく心理的訴求をも含む包括的概念である。消費者の多様なニーズに対応して,実体的および心理的に異なるさまざまな製品が市場に提供される現象は,製品差別化と呼ばれているが,製品計画は製品差別化のもとで差別的優位性を追求する企業行動の基本的枠組みを規定するものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の製品計画の言及

【マーチャンダイジング】より

…これからすると,マーチャンダイジングは製造業,流通業の両方にまたがる広い概念であるが,一般には,卸売業や小売業で,品ぞろえや商品仕入れのための計画や管理の意味で使われている。これに対して,製造業ではもっぱら製品計画という言葉が用いられている。マーチャンダイジングは,流通業者が生産と消費の間に立って,消費者の求め(需要)に応じて商品を取りそろえて販売する(供給)ことにより,市場における需給の出会いと調節(マッチング)機能を果たしている。…

※「製品計画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

製品計画の関連キーワードマス・マーチャンダイジングプロダクト・マネジャー制プロダクト・プランニングマーケティング・リサーチプロダクトプランニングプロダクション・チーム国際マーケティングマーケティング宣伝広告産業長期経営計画作業計画製品開発販売促進購買管理卸売業

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

製品計画の関連情報