コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細長 ほそなが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細長
ほそなが

平安時代に貴族の少女が盛装するとき,小袿 (こうちき) の上に重ねて着た (おくみ) のない,身・袖ともに一幅の細長い服。また盛装以外のときには小なしで用いた。男性の直衣 (のうし) に相当するもので,地は織物や綾,色目は桜,藤,紅梅など。江戸時代には結婚前の女性の盛装であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さい‐ちょう〔‐チヤウ〕【細長】

[名・形動]細く長いこと。また、そのさま。「細長な(の)四角形

ほそ‐なが【細長】

[名・形動]
細くて長いこと。また、そのさま。「細長な(の)眉(まゆ)」
貴族の女性の衣服。身幅が狭く、丈が長いもの。袿(うちき)に似ているが大領(おおくび)がない。多く若い女性が袿の上に重ねて着た。
貴族の子供の衣服水干(すいかん)に似て、盤領(まるえり)で頸上(くびかみ)から垂れた長い飾りひもがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほそなが【細長】

公家の衣服で女子用と童男用の2種がある。(1)女子の細長は(うちき)に似た身丈の長い広袖の上着であるが,大領(袵)(おおくび)のないもの。《枕草子》に〈衣の名に細長をばさもいひつべし〉とあるように,名のとおりの形の衣であった。細長は幼年から若年までの女子が重ねの袿の上に着たのであり,《源氏物語》竹河巻に玉鬘(たまかずら)の姫の大君の姿を記して〈桜の細長,山吹などの,折にあひたる色あひの,なつかしき程に重なりたる裾まで〉とあり,この姿は《源氏物語絵巻》にも描かれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほそなが【細長】

[0] ( 名 )
平安時代、貴族の子供の衣服。一幅で水干形の身丈の長いもの。頸上くびかみに長い飾り紐が垂れる。
平安時代、貴族の年少の女性の普段着。袿うちきに似ているが大領おおくびがない。
( 名 ・形動ナリ )
細くて長い・こと(さま)。 「口のほどの-にして/徒然 34

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細長
ほそなが

公家(くげ)衣服の一種。幼年から若年までの者が用いた。その名のとおり、身を細く丈長く仕立てた衣。『枕草子(まくらのそうし)』に「衣の名に細長をばさもいひつべし」とある。近世の幼少男子が式服として用いた細長は、襟が盤領(あげくび)で、白組紐(くみひも)で留め、身頃(みごろ)が一幅(ひとの)、脇(わき)を縫わずにあけた広袖(ひろそで)の狩衣(かりぎぬ)形式。『紫式部日記』にこの細長と思われるものが描かれている。近世の幼少女子が用いた細長は、袿(うちき)に似た身丈長く広袖形式の上着であるが大領(おおくび)(衽(おくみ))のない衣。『雅亮(まさすけ)装束抄』に「ほそながといふはれいのきぬのおほくびなき也(なり)」とある。平安時代には日常、袿の上に襲(かさ)ねて着たが、その上にさらに小袿(こうちぎ)を襲ねることもあった。『源氏物語』(宿木(やどりぎ))に「濃き袿に撫子(なでしこ)とおぼしき細長、若苗(わかなえ)色の小袿きたり」とある。地質は綾(あや)、浮織物や羅(らこく)などの薄物。色は紅梅、桜、山吹、藤(ふじ)、青鈍(あおにび)などの襲色目(かさねいろめ)としたものがみられる。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

細長の関連キーワードクレッチマー(Ernst Kretschmer)チャイニーズリング治郎丸ほうれんそうアスペクト(比)アフリカ大地溝帯ツユムシ(露虫)ウミウシ(海牛)フタオカゲロウヘビウ(蛇鵜)コルヌビア岩ロングハウスクレッチマーアスペクト比ナス(茄子)コビトイルカソマトタイプジャロジーガロアムシビンロウジ蜉蝣・蜻蛉

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細長の関連情報