西ノ京(読み)にしノきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「西ノ京」の解説

西ノ京
にしノきょう

奈良市西部地区平城京右京の地で,秋篠川西岸に広がる標高 100m前後の洪積層西ノ京丘陵地域をさす。狭義には薬師寺のある奈良市西ノ京町をいう。古都面影をよくとどめ情趣に富むが,近年は住宅地化が著しい。丘陵南端郡山城跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「西ノ京」の解説

にしのきょう【西ノ京】

奈良県奈良市西部,往古の平城京右京,すなわち平城京を東西に二分する朱雀大路の西側の地域一帯をいう。秋篠川に沿い,薬師寺,唐招提寺,喜光寺西大寺などがある。西方の西ノ京丘陵は,京都盆地西部から奈良盆地西部に南北につらなる丘陵で,五条山では江戸時代以来の赤膚(あかはだ)焼の陶器製作が行われている。西ノ京付近は古くより土器の生産地であり,興福寺大乗院に属した火鉢造座などがあり,近世,奈良風炉(ふろ)の産地として知られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android