コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ノ京 にしノきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西ノ京
にしノきょう

奈良市西部の地区。平城京右京の地で,秋篠川西岸に広がる標高 100m前後の洪積層の西ノ京丘陵地域をさす。狭義には薬師寺のある奈良市西ノ京町をいう。古都の面影をよくとどめ情趣に富むが,近年は住宅地化が著しい。丘陵の南端に郡山城跡がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

西ノ京【にしのきょう】

奈良市の西部,かつての平城京の右京にあたる地。近鉄橿原(かしはら)線が通じ,西ノ京駅付近に薬師寺唐招提寺がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしのきょう【西ノ京】

奈良県奈良市西部,往古の平城京右京,すなわち平城京を東西に二分する朱雀大路の西側の地域一帯をいう。秋篠川に沿い,薬師寺唐招提寺,喜光寺,西大寺などがある。西方の西ノ京丘陵は,京都盆地西部から奈良盆地西部に南北につらなる丘陵で,五条山では江戸時代以来の赤膚(あかはだ)焼の陶器製作が行われている。西ノ京付近は古くより土器や瓦の生産地であり,興福寺大乗院に属した火鉢造座などがあり,近世,奈良風炉(ふろ)の産地として知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕西ノ京(にしのきょう)


奈良市西部一帯の呼称。
狭義には西ノ京町。いずれもユネスコ世界遺産に登録されている薬師(やくし)寺・唐招提(とうしょうだい)寺などがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西ノ京の関連情報