コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜光寺 きこうじ

3件 の用語解説(喜光寺の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

喜光寺【きこうじ】

奈良市菅原町にある法相宗の寺。菅原寺とも。本尊阿弥陀如来。721年寺史(てらのおびと)乙丸の旧宅を寄進された行基が寺とし,畿内49院の本寺として布教の中心となったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

喜光(きこう)寺

奈良県奈良市にある寺院。創建は721年。宗派は法相宗、本尊は阿弥陀如来。行基が東大寺大仏殿を建立する際に同本堂を参考にしたとされ、「試みの大仏殿」と呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜光寺
きこうじ

奈良市菅原(すがはら)(現あやめ池南)町にある法相(ほっそう)宗薬師寺派の寺。通称は菅原寺(すがわらでら)。山号は清涼山(しょうりょうざん)。寺伝では715年(霊亀1)菅原氏の菩提(ぼだい)寺として建立されたと伝えるが、一説に721年(養老5)元正(げんしょう)天皇が寺史(てらのふびと)乙磨(おとまろ)の旧宅を行基に施与したのを、行基は地名にちなんで菅原寺と号し、畿内(きない)49院の本寺として鎮護国家を祈り仏法道場となして教学を研鑽(けんさん)したと伝える。のち聖武(しょうむ)天皇行幸の際、本尊阿弥陀仏(あみだぶつ)の眉間(みけん)から瑞光(ずいこう)が放たれ、歓喜光寺の寺号を天皇から賜ったという。
 その後隆替を重ね、興福寺一乗院の流れに属し法相を伝えたが、1897年(明治30)以降は法相宗薬師寺派に属して現在に至っている。寺域は荒廃し、わずかに金堂を残すのみである。金堂は、東大寺大仏殿を建立するにあたり、その10分の1の大きさでつくられたと伝え、「試みの大仏殿」ともよばれ、本尊の阿弥陀如来坐像(にょらいざぞう)とともに国の重要文化財に指定されている。[里道徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜光寺の関連キーワード秋篠寺元興寺不退寺在原寺深大寺菅原藻原寺壺阪寺白毫寺伏見翁

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

喜光寺の関連情報