コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜光寺(読み)きこうじ

百科事典マイペディアの解説

喜光寺【きこうじ】

奈良市菅原町にある法相宗の寺。菅原寺とも。本尊阿弥陀如来。721年寺史(てらのおびと)乙丸の旧宅を寄進された行基が寺とし,畿内49院の本寺として布教の中心となったという。中世興福寺一乗院に属し,江戸時代の寺領30石。金堂重要文化財)は東大寺大仏殿雛形としてその10分の1のサイズで造られたという伝えがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

喜光(きこう)寺

奈良県奈良市にある寺院。創建は721年。宗派は法相宗、本尊は阿弥陀如来。行基が東大寺に大仏殿を建立する際に同本堂を参考にしたとされ、「試みの大仏殿」と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜光寺
きこうじ

奈良市菅原(すがはら)(現あやめ池南)町にある法相(ほっそう)宗薬師寺派の寺。通称は菅原寺(すがわらでら)。山号は清涼山(しょうりょうざん)。寺伝では715年(霊亀1)菅原氏の菩提(ぼだい)寺として建立されたと伝えるが、一説に721年(養老5)元正(げんしょう)天皇が寺史(てらのふびと)乙磨(おとまろ)の旧宅を行基に施与したのを、行基は地名にちなんで菅原寺と号し、畿内(きない)49院の本寺として鎮護国家を祈り仏法道場となして教学を研鑽(けんさん)したと伝える。のち聖武(しょうむ)天皇行幸の際、本尊阿弥陀仏(あみだぶつ)の眉間(みけん)から瑞光(ずいこう)が放たれ、歓喜光寺の寺号を天皇から賜ったという。
 その後隆替を重ね、興福寺一乗院の流れに属し法相を伝えたが、1897年(明治30)以降は法相宗薬師寺派に属して現在に至っている。寺域は荒廃し、わずかに金堂を残すのみである。金堂は、東大寺大仏殿を建立するにあたり、その10分の1の大きさでつくられたと伝え、「試みの大仏殿」ともよばれ、本尊の阿弥陀如来坐像(にょらいざぞう)とともに国の重要文化財に指定されている。[里道徳雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喜光寺の関連情報