奈良[市](読み)なら

百科事典マイペディアの解説

奈良[市]【なら】

奈良県北部,奈良盆地にある市。1898年市制。県庁所在地。奈良盆地北部と東の笠置山地,西の矢田丘陵を占める。若草山西麓の古扇状地上にある中心市街は710年創設の平城京に起源し,784年長岡遷都後も東大寺興福寺春日大社門前町として栄えた左京外坊の地にあたる。源平・戦国の争乱による被害もうけたが,寺社支配の下,商工業が発展,江戸時代には手工業者,商人もふえ,大和詣での参拝遊山客を集める宗教観光都市となった。史跡,社寺,名勝が数多い。シカで著名な奈良公園(名勝)には東大寺,春日大社,興福寺,奈良国立博物館,万葉植物園,さらには若草山,原始林(特別天然記念物)を残す春日奥山がある。また市街南東端には新薬師寺,市街西方の佐保路(さほじ)には法華寺,不退寺,平城宮跡(特別史跡),秋篠寺,大和文華館,西ノ京には薬師寺,唐招提寺,若草山北部山腹に三笠温泉がある。年中行事では若草山山焼き,御水取,春日万灯籠,シカの角切りが有名。1950年国際文化観光都市に指定され,1966年には古都保存法が適用された。また,1998年には〈古都奈良の文化財〉が世界文化遺産に登録(東大寺,興福寺,春日大社,元興寺,薬師寺,唐招提寺,春日山原始林,平城宮跡)。ホテル,旅館をはじめ,飲食店,みやげ物店も多い。伝統的な筆墨,奈良漬,赤膚(あかはだ)焼の産があり,近代工業として電機・プラスチック・染織・食料品工業などもある。周辺部では野菜,イチゴ,茶,シイタケなどの近郊農業が行われる。大阪との交通が便利で,市街地のほか,西部一帯の住宅地化が著しい。平城・相楽ニュータウンの建設も進み,関西文化学術研究都市の一翼をになうとともに,大阪都市圏のベッドタウンにもなっている。奈良女子大,奈良教育大,帝塚山大などがある。関西本線,奈良線,桜井線,近鉄奈良・京都・橿原(かしはら)各線,阪奈道路などが通じる。2005年4月添上郡月ヶ瀬村,山辺郡都祁村を編入。276.94km2。36万6591人(2010)。
→関連項目奈良[県]奈良教育大学奈良坂奈良女子大学奈良奉行南都西ノ京柳生

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なら【奈良[市]】

奈良県最北部にある県庁所在都市。1898年市制。人口35万9218(1995)。市域奈良盆地北部と周辺の丘陵地帯からなり,旧市街地と奈良公園地区は春日断層崖下の台地とその下部の緩斜面上に位置する。都市としては8世紀初めに建設された平城京に起源をもつが,その後東大寺,興福寺,春日大社などの社寺が皇室,貴族の保護をうけて繁栄し,門前町が発展して室町時代末ごろまでに旧市街地の原形が整えられた。近世には大和もうでの風習が一般化して参拝を兼ねた観光客が増加し,筆,墨,奈良漬,奈良人形などをつくる産業も発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の奈良[市]の言及

【都市】より

国府都城【鬼頭 清明】
【中世】
 日本の中世都市に関する古典的研究は,西欧の古典的中世都市論の影響の下に,古代都市を統治機能中心にみるのと対の形で,経済すなわち商業手工業中心に自治の達成を規準としながら論じられてきた。したがって中世前期は古代の残影という視角で三都(京都奈良鎌倉)の変貌,形成をとらえ,商業・手工業の発達する中世後期に及んで地方を含めて多様な中世都市が一律に自治的要素をもって本格的に成立するとみる傾向が強かった。さらに三都や城下町門前町寺内町港町等々の多様な地方都市の質的差異や,構造的連関まで論じられることは少なかった。…

※「奈良[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android