西光(読み)さいこう

朝日日本歴史人物事典の解説

西光

没年:治承1(1177)
生年:生年不詳
平安末期の廷臣,僧。俗名藤原師光,もとは阿波国(徳島県)の在庁官人という。藤原家成の養子。信西(藤原通憲)の乳母子。内舎人,滝口,院北面,左衛門尉。平治の乱(1159)に敗れた信西の死に際して出家し西光と称した。出家後も院の倉預を勤め,後白河法皇第一の近臣と称された。承安3(1173)年西光の建立した浄妙寺の堂供養には法皇以下公卿殿上人が参列している。同4年法皇および建春門院の厳島参詣に同行,七条殿を造営した。治承1(1177)年,子の加賀守師高・目代近藤師経と延暦寺との紛争から師高が流罪となったのに対し,西光は法皇に讒訴し,延暦寺側も天台座主明雲が配流となった。しかし,同年,鹿ケ谷事件が発覚し,6月1日平清盛に捕らえられ,法皇および藤原成親ら近臣の謀議を白状してその夜斬首された。西光の最期について『平家物語』では,「もとよりすぐれたる大剛の者」として,清盛と対決しその経歴を罵倒する様子を描いている。

(西村隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいこう【西光】

?‐1177(治承1)
平安末期の院近臣。俗名藤原師光。父は中納言家成(白河院乳父顕季の孫)。母は少納言入道信西の乳母。信西の推挙で左衛門尉に任官し,平治の乱(1159)後に出家,後白河院の近臣として権勢をふるう。1177年4月子息加賀守師高が白山事件で配流されると,翌月には院に奏請して天台座主明雲を伊豆に流させた。また同じころ京都鹿ヶ谷で兄成親らとともに平家討滅の密謀に参画。しかし事が発覚して6月1日に捕らえられ,翌日斬られた(鹿ヶ谷事件)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいこう【西光】

?~1177) 平安末期の僧。俗名、藤原師光もろみつ。後白河院の近臣。1177年、京都鹿谷ししがたにで藤原成親・俊寛らと平家打倒を謀議、露見して斬られた。

さいこう【西光】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の西光の言及

【鹿ヶ谷事件】より

…1177年(治承1)後白河法皇の近臣が平氏打倒を企てた陰謀事件。権大納言藤原成親,僧西光(藤原師光)が中心となり,平康頼,僧俊寛,藤原成経(成親の子)らが加わった。俊寛の京都東山鹿ヶ谷の山荘で謀議をこらしたので,こう呼ばれる。…

※「西光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西光の関連情報