コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西光 さいこう

8件 の用語解説(西光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西光
さいこう

「藤原師光 (ふじわらのもろみつ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいこう〔サイクワウ〕【西光】

[?~1177]平安後期の廷臣。俗名は藤原師光(ふじわらのもろみつ)。信西(しんぜい)に仕え、その没後出家。後白河法皇の近臣として活躍。鹿ヶ谷(ししがたに)で平氏討伐を謀ったが、発覚して刑死(鹿ヶ谷の議)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西光

没年:治承1(1177)
生年:生年不詳
平安末期の廷臣,僧。俗名藤原師光,もとは阿波国(徳島県)の在庁官人という。藤原家成の養子。信西(藤原通憲)の乳母子。内舎人,滝口,院北面,左衛門尉。平治の乱(1159)に敗れた信西の死に際して出家し西光と称した。出家後も院の倉預を勤め,後白河法皇第一の近臣と称された。承安3(1173)年西光の建立した浄妙寺の堂供養には法皇以下公卿殿上人が参列している。同4年法皇および建春門院の厳島参詣に同行,七条殿を造営した。治承1(1177)年,子の加賀守師高・目代近藤師経と延暦寺との紛争から師高が流罪となったのに対し,西光は法皇に讒訴し,延暦寺側も天台座主明雲が配流となった。しかし,同年,鹿ケ谷事件が発覚し,6月1日平清盛に捕らえられ,法皇および藤原成親ら近臣の謀議を白状してその夜斬首された。西光の最期について『平家物語』では,「もとよりすぐれたる大剛の者」として,清盛と対決しその経歴を罵倒する様子を描いている。

(西村隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さいこう【西光】

?‐1177(治承1)
平安末期の院近臣。俗名藤原師光。父は中納言家成(白河院乳父顕季の孫)。母は少納言入道信西の乳母。信西の推挙で左衛門尉に任官し,平治の乱(1159)後に出家,後白河院の近臣として権勢をふるう。1177年4月子息加賀守師高が白山事件で配流されると,翌月には院に奏請して天台座主明雲を伊豆に流させた。また同じころ京都鹿ヶ谷で兄成親らとともに平家討滅の密謀に参画。しかし事が発覚して6月1日に捕らえられ,翌日斬られた(鹿ヶ谷事件)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいこう【西光】

?~1177) 平安末期の僧。俗名、藤原師光もろみつ。後白河院の近臣。1177年、京都鹿谷ししがたにで藤原成親・俊寛らと平家打倒を謀議、露見して斬られた。

さいこう【西光】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西光
さいこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西光の言及

【鹿ヶ谷事件】より

…1177年(治承1)後白河法皇の近臣が平氏打倒を企てた陰謀事件。権大納言藤原成親,僧西光(藤原師光)が中心となり,平康頼,僧俊寛,藤原成経(成親の子)らが加わった。俊寛の京都東山鹿ヶ谷の山荘で謀議をこらしたので,こう呼ばれる。…

※「西光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西光の関連キーワード藤原藤房藤原師光弥世継道因藤原基家鹿ヶ谷の議藤原実定藤原俊盛源師光蓮禅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西光の関連情報